体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ふんわり名人モンブランショコラ』食べると空気(エアー)!? と話題の「きなこ餅」の秋色姉妹品登場!

cr7_2431

ヒット商品連発のテレビ朝日系「アメトーーク!」で紹介されたことでも人気再燃の「ふんわり名人きなこ餅」に秋ムード満点の仲間『ふんわり名人モンブランショコラ』が10月〜12月の期間限定で登場。独自のエアー感とチョコ感のハーモニーが素晴らしい!

お馴染みのエアーな内部構造に、モンブラン・ショコラクリームの表面。不思議な冷感を感じる魔法の美味しさ!

空前のiQOSブームの火付け役となったことでも知られるヒット商品連発のテレビ朝日系バラエティ番組「アメトーーク!」。そこでブラックマヨネーズ・小杉竜一が紹介、サンドウィッチマン・伊達みきおが”食べると空気だからゼロカロリー”と言い放ったことがきっかけで人気が再燃しているのが、エアーなふんわり食感でお馴染みの「ふんわり名人きなこ餅」。

 

口の中に入れた途端に弾けてきな粉がパーっと口の中に広がる独特の食感を持った2005年誕生の「ふんわり名人」。お米が元になった米菓で、おかきに分類される。ちなみに正確にはササニシキやコシヒカリなど普通の米=うるち米で作るとせんべいで、もち米で作るとおかき(小さいとあられ)。とはいえここまでエアリーな食感は「ふんわり名人」ならではのもの。

cr7_2414
そしてその姉妹品として誕生したのが越後製菓『ふんわり名人モンブランショコラ』(30g・実勢価格 税込119円・2016年10月発売)だ。今回の特徴は、そのエアリーな本体を、きな粉ではなくイタリア産の栗を使用したモンブランショコラクリームで包んだことにある。究極のサクサクをクリームが包む。もはや美味しいことしか予測できない。それでは食べてみよう。

cr7_2426
封を開けると、香り立つモンブランケーキの香り。一個取り出すと、やはり軽い。ただ手に持った感覚は「きなこ餅」よりも粉感が少ない。一口、ポンと口に入れるとマイルドで甘いクリームの味わい。モンブランケーキのマロンクリームの部分の味がして、その後軽い”コッ”とした音とともに割れてふわふわの内部が弾ける。モンブランケーキが弾けて広がるという不思議な体験をここですることとなる。

cr7_2434
これは美味しい。きりがない。あっという間に完食だ。しかも表面クリームが不思議な冷感を感じるのも楽しい。まさに新食感。スイーツ好きなら必ず感動するはずだ。コーヒーや紅茶のお供に、ぜひ味わってみてほしい。老若男女問わず、気に入る鉄板の味わいだ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会