ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fi Alliance、IEEE802.11ad WiGigの機器認証を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Wi-Fi Alliance が今週から IEEE802.11ad ベースの WiGig をサポートした機器の認証を開始しました。WiGig は、60GHz 帯を利用した無線伝送規格「IEEE802.11ad」をベースにした無線通信技術で、理論上は最大 6.8Gbps という、既存の IEEE802.11ac よりもはるかに高速な無線通信を実現しています。WiGig ではその高いスループットを生かして、これまでの無線 LAN 通信だけではなく、モニタ、ドッキングステーション、キーボード、マウスなどの周辺機器とワイヤレスで接続することにも利用されています。現在 「Wi-Fi CERTIFIED WiGig」の認証を取得したのは 5 製品だけですが、今後は対応機器の普及に伴い徐々に増えていくと見られます。Source : Wi-Fi Alliance

■関連記事
「おサイフケータイ」のAndroidアプリがv5.0にバージョンアップ、ICカード残高の読み取り機能が追加
Mozilla、Firefoxの次世代レンダリングエンジン「Project Quantum」を発表
Android TVでUSB接続の地デジチューナー(ATSC方式)が利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP