ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ナポリタン”の教訓を活かした!? 『ガリガリ君リッチ メロンパン味』をいち早く食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

赤城乳業の看板製品『ガリガリ君』シリーズ。奇抜すぎる味が話題となった『ガリガリ君リッチ』シリーズですが、久々の新製品はパン、それも「メロンパン味」! 2016年11月15日から全国で限定発売されるのに先駆けて、試食することができましたのでレポートいたします。

『ガリガリ君リッチ』シリーズといえば、2012年に発売された「コーンポタージュ味」が発売3日で完売するなど大きな話題になったのが記憶に残るところ。
その後も2013年に「シチュー味」、2014年に「ナポリタン味」を発売。特に「ナポリタン味」は、赤城乳業の営業本部マーケティング部の萩原史雄部長によると「皆に予測されないものを、とハードルを上げすぎた」と語り、結果的に3億円の赤字に……。「おいしくないアイスは作ってはいけないとやっと気づいた」(萩原部長)という教訓のもと、開発されたのが今回の「メロンパン味」だといいます。

都内で開かれた発表会には、ガリガリ君も登場。メロンパン色をアピールします。

今回の「メロンパン味」。袋は3種類。中身は全部一緒なのでどれを選んでもOK。

肝心の中身は……。色だけ見ると普通のメロンに見えますが、「香りにもこだわった」(赤城乳業商品開発部・海野裕貴氏)と言われると、そこはかとなく焼き上がりのクッキーの香りがしないでもないかも……。

お味の方は、確かに「メロン」というよりも「メロンパン」の甘みがします。そして、開発にあたって一番こだわったというメロンパンの皮クッキーの食感がアクセントになっています。また、メロンパンに振りかけられている砂糖から連想して、氷の粒子を細かくしているとのことで、他の『ガリガリ君』シリーズよりも心なしか軽い食感に仕上がっていました。

全体的に、完成度の高い棒アイスになったといえそうな『ガリガリ君リッチ メロンパン味』。これから寒い季節になりますが、その中でどこまで市場に受け入れられるのか、注目です。

ちなみに、「当たり」が出ると、タカラトミーアーツが展開するぬいぐるみシリーズ『もっちぃもっちぃ』とコラボした『もちもちガリメロンパンぬいぐるみ』がもれなくプレゼントされるとのこと。ここでしか手に入らないので、当たり狙いで食べ続けるというのもアリなのではないでしょうか。

『ガリガリ君リッチ メロンパン味』

希望小売価格:130円(税抜)
種類別:アイスミルク
容量:100ml
発売日・期間:2016年11月15日~2017年1月予定
発売エリア:全国

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP