ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年下男性と“本気の恋愛”が始まる、魅力的なアラフォー女性の会話テクニック

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

平凡な結婚よりも、自由な恋愛や、仕事をめいっぱい楽しんで歳を重ねてきた独身のアラフォー女子。

これまでに「大人の女性」として身につけてきた知性や気遣いは、年下男性からすると、若さよりもずっと魅力的に映るものです。

コラムニストの木村隆志さんは、『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(同文館出版刊)の中で、“年下男性を本気にさせる”恋愛会話のテクニックを解説しています。

■男の“気負い”を取り除く会話テク

「会話をリードして、女性を楽しませてあげないと」と気負って、緊張している男性は意外と多いもの。そんな男性の“気負い”や“緊張”を取り去ってあげるのが、大人の女性の気遣いです。

「私、話ベタで」「オチがなくてごめんね」などと自分の弱い部分も見せてあげると、男性側も「それならこっちも安心だ」と、リラックスして自然に話しやすくなるのです。

また、会話のレベルよりも、「一緒にお話ができること自体を楽しんでいるよ」という態度を示してあげることで、あなたとの会話に「居心地の良さ」さえ感じて、心の距離はぐっと近づきます。

■聞きたいことは「疑問形」より「共感」で掘り下げる

気になる男性のことは、色々聞きたくなってしまうのが女心ですよね。しかし、「疑問形」で質問ばかりするのは、相手からすると尋問を受けているようで、あまり気持ちのいいものではありません。

男性は、女性を前にすると、「自分との会話で、相手は楽しんでくれているかな?」と不安になってしまうものです。そこで、男性が気になることを話し始めたら、「すごいね」「おもしろいね」「その話すごく楽しい」と共感を示して続きを促すことで、疑問形を重ねなくても自然な形で、男性から話を引き出せるのです。

■具体的な名詞という「誘いエサ」を与える

男性は具体的な会話を好みます。なので、たとえば好きな食べ物を聞かれた時は、「和食」と答えるよりも、「お寿司」と答えるようにしましょう。

もっと良いのは「貝のお寿司」とより具体的にしたり、「築地場内の◯◯寿司」と店名を出してみるのもグッド。男性も会話を広げやすいですし、「じゃあ今度一緒に行こうよ」と、次のデートにつなげるための「誘いエサ」にもなるのです。

◇ ◇ ◇

本文で紹介した恋愛会話テクニックは、年齢や経験を重ねて、余裕の雰囲気を作り出せる「アラフォー女性」の方が、効果があらわれやすいものです。若い子に対抗して若作りをしようとするよりも、今の自分をより魅力的に演出できる方がずっと良いですよね。

本書には、他にも一生のパートナーの心を掴むための心構えや恋愛テクニックが解説されています。これまで養われた目に叶う相手を見つけたら、参考にしてみてもいいでしょう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

オトコから“都合のいいオンナ”認定される、今すぐ改めるべきNG習慣

電車で「足を投げ出して座る人」と「運行中に車内を移動する人」迷惑なのはどっち?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP