ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

miwa×坂口健太郎 映画『君100』の挿入歌「アイオクリ」androp内澤が楽曲提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2017年2月4日公開の映画『君と100回目の恋』で、miwa、坂口健太郎、竜星涼、泉澤祐希が組むバンド・The STROBOSCORPのクライマックスで歌う劇中歌「アイオクリ」の詳細が明らかとなった。

その他 関連写真

 楽曲を提供したのは、ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと傑出した音楽性で人気を博すandropの内澤。そして、主人公葵海(あおい)としてmiwaが作詞を担当。miwaにとってデビュー以来、作曲提供曲は初となる。

 劇中で演奏されるバンド曲は、陸(坂口)が作った楽曲に葵海(miwa)が歌詞をつけ、二人で完成させていくもの。この楽曲にリアリティを持たせ、物語の中に息づく映画ならではの楽曲を生み出すため、実際の楽曲制作もmiwa一人ではなく別のアーティストと一緒に生み出す形で制作したい、と制作陣は考えていた。そして、映画の世界観に合うアーティストを検討していく中で、監督、プロデューサー、音楽プロデューサー、全員からandropの名前があがり、満場一致でオファーに至ったとのこと。

 また、主人公二人の名前(葵海、陸)がひそませてあるなど、miwaが葵海として作った歌詞は、想いがたくさん詰まったものとなった。楽曲名は、歌詞を読んだandrop内澤が、歌詞内に“あおい”と“りく”を入れてるところからのヒントを元に、葵海と陸のアナグラムで、「葵海と陸が愛を送りあう的な意味合いの“愛贈り”」、「愛で時間を巻き戻すじゃなく進める意味合いの“愛送り”」から、「アイオクリ」という楽曲名となったようだ。

 撮影の数か月前から坂口はギター、竜星はベース、泉澤はドラムを猛特訓。「アイオクリ」を歌うライブシーンは3日間にわたり撮影され、この切ないラブソングに、涙するエキストラらも多く見られた。楽曲の素晴らしさに加え、彼らの想いとその姿が映画の中でもキーポイントになるシーンとなり、更なる感動を呼んでいる。是非チェックしてほしい。

◎miwa コメント
「内澤さんが紡いでくださった素敵なメロディーに乗せて、私が演じたヒロインである“葵海”として歌詞を書きました。映画のなかでも坂口健太郎くん演じる“陸”がメロディーを作り、“葵海”が歌詞を書き、一緒に曲作りをするというシーンとリンクした曲に仕上がりました。
葵海ならこういうことしそう! と思って歌詞のなかにそっとふたりの名前を忍ばせて入れたのですが、それに気づいてくださった内澤さんが、ふたりの名前を入れ替えた「アイオクリ」という運命的なタイトルをつけてくださいました。お互いに愛を送り合うふたりにピッタリの「アイオクリ」をぜひ映画のシーンとともにお楽しみください♪」

◎内澤崇仁(androp) コメント
「製作当初から、月川監督をはじめとした関わる方々の熱意や真っ直ぐな意志に心を突き動かされながら作品に関わらせて頂きました。
「アイオクリ」はmiwaさんやスタッフの皆さんと何度もやりとりをする中で、作品に込められた伝えたい感情を少しずつ音で紡いでいきました。登場人物や作品に関わるすべての人たちの想いを音楽からも感じて頂けたら嬉しいです。」

◎映画『君と100回目の恋』
2017年2月4日(土)ロードショー
出演:miwa、坂口健太郎
竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希
太田莉菜、大石吾朗、堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』)
プロデュース:井手陽子
製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース
(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

miwaと坂口健太郎の浴衣姿オフショットが公開
miwa&坂口健太郎W主演『君と100回目の恋』胸キュンビジュアル公開
Dragon Ash、新曲「光りの街」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP