体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャンスをつかんで活躍する女性たちに共通する「10の法則」とは?

「世の中のすべての女性が自分らしく輝くチャンスをつかめるようにお手伝いしたい」

そんな想いのもとに集まった、キャリア支援や企業ブランディングのプロ、そしてプルデンシャル生命保険が手を結び、「Make a Chance Project(メイク・ア・チャンス・プロジェクト)」を立ち上げました。

女性たちがチャンスをつかみ、活躍するためにはどうすればいいか。

プルデンシャル生命で活躍しているライフプランナーの女性たちに調査とインタビューを行ったところ、彼女たちの多くに共通する「成功法則」が浮かび上がってきました。

それらをまとめた「10の法則」をご紹介します。

彼女たちの仕事はいわゆる「営業」ですが、その活動内容には「マーケティング」「人間関係構築」「課題分析」「企画立案」「プレゼンテーション」「セルフマネジメント」など、あらゆるビジネス要素が含まれています。

つまり、男女問わず、すべての職種のビジネスパーソンに通じる「成功のヒント」でもあります。ぜひ参考にしてみてください。

f:id:tany_tanimoto:20161024091734j:plain

法則1)第一印象の前に、第0印象

初対面の人に会うとき、良い第一印象を与えられるように心がけている人は多いでしょう。例えば、「身だしなみを整える」「笑顔でしっかり挨拶をする」など。

しかし、初対面でがっちり相手の心をつかむ人は、事前に「相手はどんな人か」「自分に対してどんな印象を持ってもらいたいか」を考え、準備をしています。

どんな雰囲気の人に好印象を抱くかは、人それぞれです。「明るく元気な人」が好きな人もいれば、「穏やかで優しい雰囲気の人」を好む人もいますし、「知的で落ち着いた感じの人」に好印象を抱く人もいます。事前につかめる範囲は限られているものの、相手のバックグラウンドやキャラクターから「相手が良い第一印象を持つ人物とはどんな人なのか」を想像し、それに合わせて自分をうまく演出している人は、さまざまなタイプの人との関係構築を成功させています。

また、第一印象の重要な要素である「表情」「姿勢」「口調」などは、その場で演じるには限界があります。これらは「人となり」が表れるものであり、内側から自然ににじみ出ます。普段から心がけて「本物」になる努力が必要です。

これらが、人と対面する前に整えておくべき「第0印象」というわけです。

法則2) 質問上手は、1聞いて10引き出す人

優秀なビジネスパーソン像というと、話が上手で、説得力に長けた人物をイメージする人は少なくないと思います。

しかし、特に営業職やコンサルタント職などとして実績を挙げている人は、「聴く」ことが上手。自分の主張を相手に納得させるのではなく、相手にじっくり耳を傾け、相手が何を求めているのかをつかんでいるのです。

優秀なビジネスパーソンは、自分が話す以上に「相手にたくさん話させる」ことで、ニーズを的確につかみ、それに合った提案をすることができます。それによって信頼を獲得し、ビジネスをさらに広げるチャンスを手にしています。

法則3)昨日の自分より、1ミリ前に出る

同じ場所で毎日、同じような一日を繰り返しているという状況に不安や不満を抱えているけれど、転職など思い切った行動には踏み切れない――そんなときは、昨日よりも少しだけ違う行動をして、一歩前に進んでみてはいかがでしょうか。

まずは漠然とでも「こんな女性になりたい」「こんな生活がしたい」という目標のイメージを描きます。それに対して、無理なくできる行動を起こしてみるのです。

例えば「知的な女性になりたい」なら「本を週に1冊読む」、「海外で暮らしたい」なら「英会話フレーズを1日5個覚える」といったようにです。

チャンスをつかんだ女性たちは、大胆なチャレンジはしなくても、日々少しずつ成長し、年月を経たときには大きな成長を遂げていたりします。

そして、数歩前に進んでみるだけでも、今まで見えていなかったチャンスが意外と手の届く範囲にあることに気付くこともあるのです。

法則4)できない理由を裏返すと、できる方法が見つかる

チャレンジしたい、チャレンジすべき…と思っていても、つい「できない理由」を見つけて言い訳をしてしまう。そうして、行動に移さないまま時が過ぎてしまう――そんな自分にもどかしさを感じている人もいるようです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。