ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Food Freshness Card」を冷蔵庫内に置くだけで、食べ物のもちが2倍以上アップ!廃棄のムダをなくし、環境にもやさしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冷蔵庫に入れっぱなしになっていた野菜やフルーツが、いつの間にかカビが生えたり傷んだりしてダメになっていた……という経験がある人は多いはず。

食べ物の廃棄なんてもったいないこと。これは日本国内だけの問題ではなく、全世界の抱える問題だ。

・冷蔵庫に置くだけ!食べ物の腐敗を防ぐカード型ツール

そんな食物廃棄を減らすのに役立つ、スゴイツールが今クラウドファンディングサイトで出資を募集している。「Food Freshness Card」というカード型のツールで、食物のもちを良くしてくれるという。

“Natural Resources Defense Council(NRDC、自然資源保護協議会)”によると、アメリカ国内では、年間3千5百万トンの廃棄食糧があり、これは約1650億ドル(約17兆円)の金額に相当するという。

これは1990年代と比較すると50%増、1960年代の3倍超にもなる。

・冷蔵庫のほか、キャンピングクーラー、パンケースに置いても

カードの使用方法はいたってシンプルだ。約15×15センチメートルの大きさの「Food Freshness Card」を、冷蔵庫内に配置するだけ。パンケース内やフルーツかごの下に配置したり、商業用のウォークインタイプの冷蔵庫や、キャンピングクーラーなどに入れて使うのもよい。

・見本市でグランプリ受賞の独自技術

医師や技術者、主婦の協力をあおぎ、テストを重ねて技術開発を進め、ついに独自の技術を開発。

特許申請中の技術でつくられたこのカードは、アメリカの大規模な見本市“INPEX発明展2016年”でグランプリを受賞し、多くの人の関心を集めている。

カードは無数の電磁波、電磁気の周波数を発するようプログラムされていて、これがカビ、菌類、バクテリアなどの生長を遅らせる。カード自体は冷却して使用する必要がないので、冷蔵庫外でも使えるので安心。

・効果は最低1年間持続

食べ物の腐敗を防ぎ、長持ちさせられれば、廃棄して無駄になる食糧が減る。これは家計にとってメリットがあるだけでなく、地球環境への負担を減らすことにもつながる。

ただ配置するだけという簡単さも魅力の「Food Freshness Card」は、市場予価1枚49ドル(約5090円)のところ、今なら早期予約価格39ドル(約4050円)~。効果は最低1年間は継続するという。

Food Freshness Card

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP