ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LACCO TOWER主催『I ROCKS 2017』第一弾出演者発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2017』の出演アーティスト第一弾としてIvy to Fraudulent Game、 Age Factory、cinema staff、Halo at 四畳半、Rhythmic Toy Worldの5組のバンドが発表された。
『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』ロゴ (okmusic UP's)
2017年4月22日(土)、4月23日(日)と群馬音楽センター(高崎市)にて開催されるLACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』。2016年に続き4回目となる今回、出演アーティスト第一弾として、10月23日に高崎clubFLEEZにて開催された、同フェスの超先行チケット購入者限定イベント「株式会社アイロックス 株主総会」の中で、今回の5組が早くも発表された。

若手有望株として、今最も注目されているバンドのIvy to Fraudulent Game、Age Factoryの2組。そして、LACCO TOWERリリースツアー「心造旅行」のゲストバンドとしても出演している、cinema staff、Halo at 四畳半、Rhythmic Toy Worldの3組。どのバンドもLACCO TOWERとゆかりがあり、共に今のロックシーンを走り続けている。当日も熱いロック魂を持って、ステージを盛り上げてくれることは間違いないだろう。これから出演アーティストが続々と発表されていく『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』のホームページから目を離さないように。チケットは10月23日(日)17:00~、FC先行チケットが発売される。是非ファンクラブに入って先行でチケットをゲットしよう。LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ“猟虎塔”(http://lacco-to.club/)では、無料で会員を募っている。

【LACCO TOWER Ba./ 株式会社アイロックス代表取締役社長 塩崎啓示 コメント】

『僕らはロックでできている』 日々の原動力は“故郷群馬で群馬のバンドと共にロックフェスを開催すること”が全てです。そして、いつまでも変わらない合言葉“僕らはロックでできている”この言葉を堂々と口にしてもらえば僕らの家の鍵は開きます。僕らだからできる、僕らにしかできない、唯一無二のロックフェス。I ROCKS 2017、開催します。これまで[故郷編]や[盟友編]とその一日を象徴したタイトルを付け、それぞれ異なる2日間を開催してきました。4度目となるI ROCKS 2017は[故郷編][盟友編]の枠をとっぱらい、2日間に渡り、先輩・後輩や出身地など一切関係なく盟友と呼べる仲間を招きます。当然、その中には[故郷編]に出演してくれたアーティストも含まれます。今回の第一弾解禁アーティストは、ありがたいことに二つ返事で出演承諾をいただきました。 LACCO TOWERとの親交の深い盟友や地元バンド、I ROCKSではお馴染みの顔ぶれだけではなく初出演していただく新しい顔も。いずれも同じ志を持ち、今をがむしゃらに全力で突っ走るアーティストばかりです。初心を忘れず、そしてここで満足せず、“僕らはロックでできている”の信念のもと、さらに高みを目指すことを約束します。半年後に向け、まだまだI ROCKS物語は進化していきます。お楽しみに。

■『I ROCKS 2017』オフィシャルHP

http://irocks.jp/2017/

『I ROCKS 2017』
4月22日(土) 群馬音楽センター

4月23日(日) 群馬音楽センター

OPEN 11:00/START 12:00

出演アーティスト:LACCO TOWER /Ivy to Fraudulent Game / Age Factory / cinema staff / Halo at 四畳半 / Rhythmic Toy World / and more

LACCO TOWER (okmusic UP's)
Ivy to Fraudulent Game  (okmusic UP's)
Age Factory  (okmusic UP's)
cinema staff (okmusic UP's)
Halo at 四畳半 (okmusic UP's)
Rhythmic Toy World (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。