体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エッジスクリーンを搭載したHuawei Mate 9 PROの画像が流出

Huawei Mate 9 のプレス画像が流出した後、今度はこの機種の上位版でエッジスクリーンを搭載した「Mate 9 Pro」の噂が出てきました。Mate 9 と Mate 9 Pro の違いは、ディスプレイの両サイドが曲がったエッジスクリーンを採用していることのほか、Android 7.0 を搭載し、Daydream 対応の機種として発売されるとのことです。Mate 9 シリーズのディスプレイサイズは 5.9 インチで、解像度は Mate 9 がフル HD であるものの、Mate 9 Pro は WQHD へとアップグレードされています。このほか、Kirin 960 や 4GB RAM、背面にデュアルカメラを搭載する点は Mate 9 と変わりありませんが、内蔵ストレージが 64GB ~ 256GB まで選択できると言われています。デザイン的には Mate 9 とほとんど変わらず、エッジスクリーンを採用しただけあって側面部分が曲手いることが分かります。Source : Twitter

■関連記事
Android版「Mirrativ」のコメント文字数が100字に倍増
Instagram、Androidアプリのベータ版でライブ配信機能をテスト中
Evernoteがいち早くAndroid 7.1のアプリショートカットに対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。