ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏だけじゃない“土用の丑”!10月22日は「秋土用」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“土用の丑の日”というと、一般的には“夏”。しかし、そもそも土用とは立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のことで年に4回ある。その土用の期間中に丑の日は6回あり、次の土用の丑は10月22日(土)。土用の丑は、夏だけのものではないのだ。

うなぎは一年中、いつ食べたって美味しいもの。それなら秋の“土用の丑の日”にもうなぎを食べようというイベントが松坂屋上野店食品フロアほっぺタウンで開催されている。丑の日に食べるとよいとされているさまざまな「うなぎ」メニューがラインナップ。さらに、秋の土用に食べるとよいとされる青い食べ物にちなみ、鯖や秋刀魚といった「青魚」を使ったメニューも展開している。

 

■うなぎ専門店の豪華うなぎ蒲焼!

ふっくらと蒸し上げた鰻に秘伝のタレを絡めた自慢の味。
<銀座 鳴門>うなぎ蒲焼き 3240円/地下1階

■カニと鰻のコラボ寿司!

鰻ののったスタミナ海鮮ミルフィーユ寿司。
〈札幌かに家〉鰻とかにの味重ね 1350円
※各日限定10/地下1階

■鰻を巻いたふわふわ玉子!

太郎自慢の厚焼き玉子。鰻を巻いた特別バージョン!
〈太郎〉鰻玉厚焼きハーフ972円、1本 1782円
※10/21(金)22(土)限定/地下1階

■鰻&青魚を両方楽しめる!!

鰻のほか、しめ鯖、あじ、コハダといった青魚のお寿司も。
〈北辰鮨〉鰻としめ鯖のお寿司セット 1480円
※各日限定10/地下1階

 

鰻丼&あじの刺身がセットになった贅沢御膳。
〈お好みダイニングカトレヤ〉丑の日御膳 3240円/7階

■旬の“さんま”を使った青魚メニュー!

〈古市庵〉炙りさんま押寿司・広島菜太巻 669円/地下1階

〈佃浅〉さんま蒲焼重756円/地下1階

 

開催は10月22日(土)まで。急な寒暖差で、体調も崩しやすいこの季節。秋の土用に、うなぎを食べて元気をチャージしよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP