体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『47都道府県の一番搾り』第4弾発売記念! どんなビールも最強に美味しく飲めるおつまみを紹介するぞ!

01_img_0823

今年の5月より、キリン『一番搾り』の47都道府県バージョンが順次発売され話題となりましたが、10月12日に第4弾として新たに9県の一番搾りが発売開始となりました。

02

今回発売となったのは群馬、栃木、石川、富山、福井、和歌山、奈良、佐賀、沖縄の9県分で、それぞれの県で限定発売されています。
これでついに47都道府県の一番搾りすべてが発売となったわけです。

そして7月にすでに発売されていた『熊本づくり』が熊本地震の復興支援キャンペーンとして全国発売されることも決定!
今までは住んでいる都道府県の一番搾りが発売されなければ結局縁のない話だったのですが、全国各地で『熊本づくり』を楽しむことができるのです。
しかも1本につき10円が復興支援に使われるのだとか。これは素晴らしい!

美味しいビールは美味しいおつまみと飲みたい

03_img_0836

ガジェット通信ではこれまで『47都道府県の一番搾り』発売日にあわせて、ご当地グルメとの食べ合わせを楽しむ『一番搾り研究会』を開催してきました。

【ガジェ通恒例】ご当地おつまみで一層おいしく! 第2回『47都道府県の一番搾り』研究会開催!
http://getnews.jp/archives/1475756 [リンク]

私、ノジーマも何度か参加させていただきましたが、それぞれのビールに合うおつまみとの食べ合わせは新発見の連続!
食べ合わせることによって、ビールやおつまみの味がガラリと変化するのは衝撃的でした。
美味しいビールを探すだけでなく、それぞれのビールに合うおつまみを探すのもビールを楽しむひとつの方法なのだと再発見しましたね。

でも、いちいち考えておつまみを用意するのはめんどくさい……。
そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで! 今回はどんなビールも最高に美味しく楽しむことができる「最強のおつまみ」を紹介したいと思います。

最強のおつまみ……それは「優越感」である

私、ノジーマが最強のおつまみだと自信をもって紹介したいのは「優越感」です。
おつまみは食べ物でなければいけないわけではありません。
シチュエーションこそが、どんな時もビールを最強に美味しく引き立ててくれるのです。

では、どんなシチュエーションがビールを美味しく引き立ててくれるのか、紹介していきましょう!

仕事に追われている人を眺めながらビール

04_img_0822

まずは何といっても「必死に仕事をしている人の横で飲むビール」ですね。これは文句なしで最強です。
心の中で「この人きっとビール飲みたいんだろうなぁ~」と思いながら、ビールをチビチビ飲みつつ優越感に浸りましょう。めちゃくちゃビールがウマいです。
できることなら背後から忍び寄り、耳元で「プシュッ!!」という缶を開ける音を聞かせるところから入りたいですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。