体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】『ラブライブ!』とか1㎜も知らないけど聖地巡礼してみた @『竹むら』

takemura005_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原も、ちょいと中心部を離れるとまだまだ古い店が残っています。

特に神田淡路町とか須田町あたりは老舗と呼べる名店がズラリと並んでいるので、散歩コースとしてもオススメで御座います。

というわけで、筆者(YELLOW)もさりげなく散歩してみました。

“あんこう”料理専門店『いせ源』

takemura013_r

創業天補保元年の超老舗で『いせ源』で御座います。

今の建物は昭和5年に建てられたのですが、それでも『いせ源』の店構えは、まさに歴史を感じさせる風格があります。

しかし!

まだまだ筆者のような若造がどうこうする店ではない可能性……あると思います。

っていうか、筆者の財布チカラでは足下にも及ばない、よしんば超頑張ればランチくらいは可能な予感ですが、あえて言おう!

「予算、下さい!」(心の叫び)

金さえあれば何でもやってのけるのですが、無い袖は振れませんので泣く泣く撤退で御座います……。

神田を代表する甘味処『竹むら』

takemura014_r

和菓子屋さんと言うよりは甘味処な『竹むら』ですが、最近ではアニメ『ラブライブ!』の聖地としての方が有名な様ですね。

どうりで甘味処を嗜むにはヤングな集団が多いので、「あれ?」っと思ったのですが、そういう理由なら納得です。

takemura012

とは言え、『竹むら』は昭和5年(1930年)創業でして、まさに神田を代表する甘味処で、店内も素晴らしくシックな装いで御座います。

アニメの影響とは言え、この手の老舗に若い人が訪れるのは良い事だと思います。

『揚げまんじゅう』と『あんみつ』を所望する!

takemura016_r

『揚げまんじゅう』(2個470円)だけでは申し訳ないので、とりあえず『あんみつ』(720円)も注文してみます。

お値段的には高いのか安いのか良く分からない感じですが、まあ建物の維持費も込みだと思えば適正価格かと思います。

takemura015_r

なお「店内の撮影はご遠慮ください。」とメニュー表に書いてあるので、今回は明らかに絵が足りない可能性……あると思います。

『揚げまんじゅう』を食す!

takemura004_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy