体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話し方が変わると人生が変わる!? フリーアナウンサー・魚住りえさんに聞く「伝わる話し方」

日本テレビの局アナからフリーに転身した魚住りえさん。現在は司会やナレーターなどメディアやイベントで活躍する一方、セミナー講師として、ビジネスパーソンに向けて「声の出し方と話し方」を教えています。著書『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』が12万部を突破するなど、活躍の場を広げている魚住さんに、話し方を身につけることの効力や、ビジネスパーソンに役立つ話し方のコツなどを伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20161012162831j:plain

魚住りえ

大阪府生まれ。広島県育ち。高校時代、放送部に在籍し、「NHK杯全国高校放送コンテスト」に出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。1995年、日本テレビ入社。「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の都へ」などを担当。2004年フリーに転身し、同年からテレビ東京「ソロモン流」のナレーターを務めるなど、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。2006年からは「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行っている。著書に『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』(東洋経済新報社)『10歳若返る! 話し方のレッスン』(講談社)。

話し方を変えると自信が生まれ、物事が良い方向に進む

――魚住さんが話し方の講師として活動しようと思ったきっかけはなんだったんですか?

魚住りえさん(以下、魚住):人生が長くて80歳とか90歳とすると、ちょうど折り返しの年齢になったんだなぁという実感があったんです。もともと司会の仕事もナレーションも大好きですし、今までやってきたことをそのまま続けるのもいいのですが、「新しいことにチャレンジしたい」という気持ちが出てきました。テレビの仕事って、視聴者と直に接することがなくて、「ちょっと遠いな」と思うところがあって。いろいろ模索して、私がこれまで培ってきたものを人にお伝えできないかな……と思っていたんです。

そんな矢先、友人から相談がありました。その友人はコンサルティングをやっていて、すごく頭脳明晰なんですけど、うまく言葉が出てこない方だったんです。言葉が出ないばっかりに、周りとの距離感を取るのに苦戦されていて、「なんとかしてもらえないか」と。そして、自分なりに方法などを考えて、その方にレッスンをしたところ、しゃべれるようになって、すごくよろこんでもらえたんです。その経験が後押ししてくれました。

――話し方のセミナーにはどんな方が来られるんですか?

魚住:話すこと自体がコンプレックスの人もいれば、「自信満々に話せるけど、試しに来た」という人もいらっしゃいます。そんな方でもセミナーを通して「俺、ここがダメなんだ」「私はここが意外とできていなかった」と気づいてもらえることも多いようです。

――必ずしも苦手な人だけではないんですね。

魚住:意外とそうなんです。でも苦手な方はやっぱり、もともと引っ込み思案なことが多いので、まずは声を出すことに対して喜びを持ってもらうこと、みんなが振り向いて話を熱心に聞いてくれるように、自信を持ってもらうことを念頭に置いています。最初は暗い顔をしていたのに、卒業されていくときは皆さん見違えるように、元気に明るく、若々しくなって、自信を持つようになるんですよ。それを見るのが楽しいですね。話すコツを実践してみたら評判が良くなって、経営者や管理職の方から「部下がついてくるようになった」、会社員の方からは「評価が上がった」という声をいただきます。「友達が増えた」「彼氏ができた」という声や「結婚しました」という報告もあるんです。総じて、「人生がいい方向によくなっていった」ということを言われますね。

――声や話し方でそんなにも変わるものなんですか?

魚住:はい、やはり「自信を持つ」ということが大きいと思います。セミナーでは最後に皆さんにスピーチをしてもらうんですけど、自分のことを吐露してもらうんです。「恥ずかしく思わなくていいから、本当のことをしゃべってください」って。皆さんすごくいいスピーチをしてくださって。「こんな人だったんだ」とか「こんな辛いことがあったのね」「今、大変なんだね」ということを率直に語ってくれるので、みんながウルウルしちゃうくらい感動するんです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。