体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「3DS『クレヨンしんちゃん』はGREEのカードがつくから売りません」 北海道のゲームショップ1983にその真相を聞いてみました

「3DS『クレヨンしんちゃん』はGREEのカードがつくから売りません」 北海道のゲームショップ1983にその真相を聞いてみました

「反マジコン(ゲームをコピーして遊べるようにする機器)」「反フライング販売(発売日前の販売)」をとなえるなど、ゲーム小売業界で“まっとうな”主張をして注目を集めてきた、北海道のゲームショップ1983。先日、バンダイナムコゲームスがニンテンドー3DS向けに発売するソフト『クレヨンしんちゃん 宇宙 DE アチョー 友情のおバカラテ!!』について、同店での取り扱いを停止するとブログで発表しました。理由は『GREE』で提供されている『クレヨンしんちゃん』のソーシャルゲームで使えるシリアルコードを記載したカードが特典で付属するため。なぜ今回、“反ソーシャルゲーム”ともとれる主張を打ち出したのでしょうか。さくらインターネットの石狩データセンター取材で北海道を訪れた筆者は、お店を訪ねて“中の人”いまひ氏にその真相を聞いてきました。

年季の入った看板が目印

ゲームショップ1983は、札幌から地下鉄南北線で4駅の北34条に位置するゲームショップ。地図を頼りに駅からお店を目指すと、年季の入った看板が目に入りました。

貸本屋のような雰囲気の店内 ファミコンカセットも大量にあります

もともとは居酒屋だった物件で営業しているという同店ですが、どこか昭和のにおいが感じられる店内は、新旧さまざまなゲームソフトが棚にギッシリと並べられ、昔商店街にあった貸本屋のような雰囲気。カウンターの中にいた店主いまひ氏に取材に対応していただきました。

『クレヨンしんちゃん』販売停止の真相

ガジェ通:なぜ『クレヨンしんちゃん 宇宙 DE アチョー 友情のおバカラテ!!』の取り扱いをやめたのでしょうか?

いまひ:パッケージゲームに『GREE』や『Mobage』のカードが特典としてつくというのは『龍が如く』ベスト版でもありましたし、これは発表になっていると思うのですが、バンダイナムコゲームスさんの来年1月発売の『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』(PSP)に『Mobage』のカードが付いてくるそうです。

こういう特典はこれから増えていくとは思います。『機動戦士ガンダム』だとか『龍が如く』というのは大人向けだと思うんですが、『クレヨンしんちゃん』の場合はもっと年齢層が幅広いタイトルですから、分別のある大人向けのタイトルとは別のものになると思うんですよね。

『クレヨンしんちゃん』のゲームは事前にホームページの方をチェックしたんですが、『GREE』版のゲームがアイテム課金であることが分かりにくかったり、たどり方によっては、そういう情報を得ないで『GREE』のサイトにたどりつくという形だったんですよね。

それを疑問に思ったのでバンナムさんに問い合わせの電話をしたんですよ。それで担当者さんとお話する機会があったんですけど、担当者さんのお話では「『GREE』に誘導しようというのではなくて、あくまで既に『GREE』の中にいる人で、『クレヨンしんちゃん』のソフトを買った方へのサービスの意味合いがある」という話でした。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。