ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外の人にとって「いなり寿司」は○○感覚!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI THINKING THE NEW STANDARD」。10月17日のオンエアでは、海外に発信できる日本食のひとつとして、「いなり寿司」の魅力を広めようとしている坂梨カズさんにメッセージをいただきました。

これまで1万5,000個以上のいなり寿司を食べ歩き、通称「いなり王子」とも呼ばれている坂梨さんによると、例えば、お寿司屋さんに出かけても、いなり寿司をメインのメニューとして扱うお店は少ないのですが、その一方、海外の方からの人気は高いそう。

そこで、いなり寿司を「海外に発信すべき日本食」のひとつとして考え、その魅力を広めるために、「全日本いなり寿司協会」の活動を行われています。

「海外の回転寿司のお店でも、いなり寿司は5位くらいの人気があります。でも、あの甘みと酸味が“食事の中のひとつ”と思われるよりは、どちらかというとスイーツのような位置付けで捉えられているように思います」(坂梨さん)

いなり寿司を「スイーツ感覚」で食べる、とは意外な発想ですね。「食後にはやっぱりいなり寿司!」…なんて方もいらっしゃるのでしょうか(笑)。

2020年に行われる東京オリンピックが、いなり寿司を海外の方に広める一番の機会、と坂梨さんはおっしゃいます。選手村にいる各国の方たちに、さまざまないなり寿司を食べてもらい、その魅力を世界に羽ばたかせていくのが目標だそうです。

ちなみに、多様性を求められる今の時代、いなり寿司もまた、いろいろなバリエーションが存在するのをご存知でしょうか?

■ カレーいなり(Sushi Avenue K’s)
こちらは、新宿伊勢丹地下にある「Sushi Avenue K’s」が出しているいなりで、「カレーの味が本当にしっかりしていて、でもいなり寿司の世界から外れていない、素晴らしいいなり」と坂梨さん。酢飯とカレー…どんな味わいなのでしょうか? 気になる組み合わせですね。

■ ロングいなり寿司(泉平)
こちらは、横浜・関内の老舗のお寿司屋「泉平(いずへい)」が出されている、ロングタイプのいなり寿司。昔からあるいなり寿司だそうで、長いいなり寿司を半分にカットしてあるとのこと。

「いなり寿司」と一言で言っても、さまざまなものがあるのですね。東京だけでもたくさんあるそうなので、気になる方はぜひ調べてみてください。もしかしたらあなたの「いなり寿司」の固定概念を崩すものに出会えるかも!?

明日の「ZOJIRUSHI THINKING THE NEW STANDARD」でご紹介するのは、釜石市での復興支援に関わるある取組み。どんな話が飛び出すのか、どうぞお楽しみに♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP