ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行くなら今!人気急上昇中のリゾート“ベトナム最後の秘境”フーコック島

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベトナム・ホーチミンシティから飛行機で約1時間。ベトナム本土南部西端に位置するフーコック島は、今、人気急上昇中のリゾート地です。でもフーコック島ってどんなところ? いったい何がそんなに人気なの? というわけで、今行くべきフーコック島の魅力をご紹介しましょう。


(C) ノボテルフーコックリゾート

ホーチミンから空路約1時間!


(C) ベトナム航空

今回はベトナム航空で、ホーチミンシティからフーコック島に移動。今年、英国・スカイトラックス社のエアラインの格付けで、3つ星から4つ星に格上げ。新機材も積極的に導入していて快適なフライトが楽しめます。なにより、ベトナムのフラッグシップキャリアとあり、乗り継ぎが抜群。日本で言えば、東京と大阪くらい雰囲気も食文化も異なる、2大都市・ホーチミンとハノイを組み合わせてもいいし、世界遺産の街・ホイアンや、欧米人にも人気の高いリゾート地・ニャチャン、ダナンなどにもアクセス抜群。フーコックは、カンボジアにも近いので、アンコールワットとの組み合わせもあり、です。


(C) kelly

フーコック島の大きさは、全周130km。日本でいうと淡路島と同じくらいの大きさの島です。島の空港に降り立って、多くの人は空港の素朴っぷりにちょっとした驚きを覚えるはず。2014年11月に新しくできた空港はとってもきれい! でも周辺はとってものどかなんです。

外資系ホテルが続々進出中!


(C) ノボテルフーコックリゾート

「ベトナム最後の秘境」といわれるフーコック島の魅力は、やっぱりその豊かな自然。島の約7割が国立公園というだけあり、緑がいっぱい。周囲はエメラルドグリーンに輝く海に囲まれていて、どこを切り取っても絵ハガキのようです。


(C) kelly

未舗装の赤土の道がそこかしこに残るフーコック島ですが、空港から市内へと向かう道中、建設中の建物を何軒も目に入ってきます。今、フーコック島はホテルのオープンラッシュ。海外資本のラグジュアリーホテルも、今後、続々オープン予定とか。数年後はもちろん、半年後に訪れたら、また違う風景が広がっているはず。


(C) kelly

これからがますます楽しみでもありますが、手つかずののどかな雰囲気を味わうなら、「今」がおすすめ。ホテルの価格もまだ高騰しておらず、今なら、新しく設備もいいホテルに気軽に泊まることができちゃいます。

■あわせて読みたい
世界遺産の古都、ベトナムのホイアンで時間旅行を楽しむ
「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク
人気急上昇中!若者に大好評のベトナム・ダナンってどんな場所?

モダン&コンテンポラリーなデザインのノボテルがオープン!


(C) ノボテルフーコックリゾート

今回は、2016年1月にオープンした4つ星ホテル「ノボテルフーコックリゾート」に滞在。空港から車で約10分。ビーチに面した同ホテルは、全室オーシャンビューのビルディングタイプの客室が241室、1棟4部屋のユニットタイプの客室が80室、さらにヴィラが40室という大規模リゾート。


(C) ノボテルフーコックリゾート

大規模ではあるけれど、アットホームな雰囲気のリゾートで、大箱と小規模ホテルのいいところ取りができちゃう感じ。過ごし方や予算に合わせて客室が選べるのが魅力です。


(C) ノボテルフーコックリゾート

フランスに資本を置くホテルグループの運営とあり、モダン&コンテンポラリーなデザインと、フーコック島の自然が見事に調和。旅の高揚感と居心地の良さが同時に味わえます。

ダウンタウンへの無料シャトルバスも便利


(C) kelly

手入れされた、南国の木々に囲まれたプールはリゾート感満点。居心地のいいプールバーでは、ついグラスを重ねてしまいそう。のんびりリゾートで滞在するのもいいですが、自転車の無料レンタルやダウンタウンへの無料シャトルバスなど、外に出たい人に向けた、サービスも充実。フーコックならではの思い思いの時間を過ごせます。

島産の胡椒はおみやげに最適!


(C) kelly

フーコック島に公共の交通機関はありません。「観光」は自転車やホテルのシャトルバス、もしくは、タクシーのチャーターが一般的です。ベトナムのタクシー料金は日本に比べてとってもリーズナブル! ホテルのスタッフに相談してみましょう。


(C) kelly

観光のおすすめは、島の特産品であるヌクマム(魚醤)と胡椒農園の見学。胡椒がなっているところって見たことありますか? 筆者は初めてでした!


(C) kelly

ヌクマムは機内持ち込みできないのが残念ですが、フーコック産の胡椒はがさばらないのでおみやげにぴったり。


(C) kelly

胡椒はもちろん、農場ではにんにく塩やレモン塩も売っていました。日本でもかなり重宝しています(もっと買ってくれば良かった)。

素朴な雰囲気を味わうなら「今」が行きどき


(C) kelly

筆者には縁がなかったのですが、真珠の養殖もさかんです。また、フーコック島の海鮮類の美味しさは、ベトナム人も認めるところ。足を運んだ際は、ぜひ試したいですね。さらに、島の南部の透明度抜群のサオビーチは、透明度の高さと白砂のビーチで知られる、人気のスポット。その近くにある、海を望む美しい寺院「ホ—コックパゴダ」も見どころのひとつです。

島本来の素朴な雰囲気を存分に味わいたい人、行くなら今、です!

■あわせて読みたい
世界遺産の古都、ベトナムのホイアンで時間旅行を楽しむ
「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク
人気急上昇中!若者に大好評のベトナム・ダナンってどんな場所?

[ノボテルフーコックリゾート]
[ベトナム航空]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP