ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海のゴミを収集する自動式水上ドローン、ソーラーパネル搭載で24時間365日稼動!水質汚染の防止に大活躍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飛行型ドローンをはじめ、ドローンは私たちの生活にすっかり身近な存在になった。アクションカメラ撮影から、山火事などの自然災害対策や、爆発的感染症の拡大をモニターするなど、今やエンターテイメントだけでなく、実生活を支えるテクノロジーでもある。

・ソーラーパワーで動作する自動式水上ドローン

オランダのロッテルダムでは、ドローンを使って港のゴミを集め、海の汚染を防止しようという取り組みがおこなわれている。

「WasteSharks」という、RanMarine Technologyが手がける自動式水上ドローンで、川や運河、港などで活動する。大きさは車くらいのサイズ。機体にはソーラーパネルとバッテリーが付けられていて、太陽光を動力源として動作する。

・“機械学習”機能で、より効率的なアクションを実行

「WasteSharks」には“機械学習”機能、センサー、カメラが搭載されていて、これらの機能を組み合わせ、周囲の環境を学習し、ルート選定や収集において、より効率的なアクションをとれるようになっていく。大きな物体を自動で避けることもでき、24時間365日の稼動が可能だ。

・現在、2台のドローンが稼動中

現在、サイズが異なる2台の「WasteSharks」が稼動しており、3台目の「Great Waste Shark」が開発中だという。収集されたゴミは、リサイクルや廃棄処理業者へと引き渡されるという流れ。

ドローンは今後、ますます社会性の高い用途に使われ、生活に密着した存在になっていくのかもしれない。

RanMarine Technology

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP