体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【開発者さんのキモチ】KIRIN『FIRE』のフルリニューアル開発担当・大石竜也さん(ガジェット通信)

top3

ガジェット通信「開発者さんのキモチ」取材班です。

ユーザーの中にあるこんなのあったらいいなというキモチと開発者のそれを実現したいというキモチが触れ合ったとき、新しい製品・サービスが生まれることがあります。

この企画では、ユーザーさんのキモチに気づいた開発者さんがどんなキモチで開発に挑んだのかを探ります。

●どんな人が開発しているのか
●ユーザーのどんなキモチに気づいたのか
●それに応えるため、どんなキモチで開発に挑んだのか

この3点を中心に質問するとともに、開発にまつわるさまざまな話や普段はどんな風に開発してるのかなどをやわらかくきいてきました。

「開発者さんのキモチ」コーヒーが飲めないコーヒー開発担当さん

161004_4304

今回お話をきく開発者さんは、キリンの缶コーヒーブランド『FIRE(ファイア)』のフルリニューアルを担当した大石竜也さん。

なんと大石さんは、コーヒー担当になるまで、コーヒーが飲めなかったそうです。

いやいや、おかしいでしょ、それ。

いくらなんでもコーヒー飲めない人をコーヒー担当にしますかね。

コーヒーが飲めないので、コーヒー担当になってからしばらくは、沢山試飲をするたびに気分が悪くなってしまったそうです。そんな状態ですから試飲サンプルの味の差もわからないし、チーム内で他のメンバーが言っていることも理解できなかったそうです。

いやぁ、すごい会社だな、キリンビバレッジ。

しかし大石さんは、毎日コーヒーを飲んでいるうちにコーヒーが好きになり、コーヒーについて語れるようにもなり、今やコーヒー製品のフルリニューアルに関わる程になったわけです。

161004_4355

『FIRE』開発チームメンバー。写真前列右から、リーダーの田口文子さん、宮本花野さん、後列右から、川上広太さん、渡邊明香さん、 大塚望さん、大石竜也さん。

“缶コーヒーの常識を変える”を掲げ、火にこだわり、コーヒー豆の“焼きの限界”に挑戦し10月4日にフルリニューアルを果たした『FIRE』シリーズ。けっこうインパクトのある味に変化しているんです。

さて、いきなりズバリ聞いてみました。

あなたが気づいたユーザーのキモチを教えてください

161004_4174

――大石さんが気づいた缶コーヒー購入者のキモチと、それにどうこたえたのかを教えてください。

大石:まず、缶コーヒーにも「香り」が求められてきているな、という気づきがありました。

これまでは、お客さんから缶コーヒーに対し香りが弱いという声はあまりきかなかったのですが、それが変わってきているな、と。

背景に、ショップコーヒーやコンビニコーヒーが広がり、それらと比べて缶コーヒーを飲む様になったことが大きいと感じています。その証拠として、缶コーヒーを飲んでいる人の約2/3が、ショップコーヒーやコンビニコーヒーも飲んでいることが分かっています。

なので、缶コーヒーにもこれまでにない、突き抜けた「コーヒー感」、つまり「香ばしさ・香り」と「味の濃さ・コク」を生み出すものが必要なんじゃないか、ということを考えていました。

それを実現するために、今回行き着いたのがこの、極限まで焙煎する「焦がし焼き」なんです。

161004_4188

大石:コロンビア産のコーヒー豆をメインに、ラオスやブラジル、ベトナム産の豆を製品別に組み合わせています。開発段階では100種類以上の豆の組み合わせを試しました。資料には控えめに100と書きましたが、実際は190種類ぐらい試したんですよ(笑)。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。