ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10年後には実現?イーロン・マスクが発表した火星移住の動画と写真が話題に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月27日、メキシコのグアダラハラで行われた国際宇宙会議において、米SpaceXのCEOイーロン・マスクが基調講演を行った。

・人類を「多惑星種に」!?

講演タイトルは「Making Humans a Multiplanetary Species(人類を多惑星種にする)」という刺激的なもの。

そこで彼は「Interplanetary Transport System(惑星間輸送システム)」による火星への移住計画について壮大なプランを語った。

現状では、人を火星に送るのにかかるコストは一人あたり100億ドル(約1兆円)だが、今後20万ドル(約2000万円)程度までには下げられる可能性がある。

地球から火星到着までにかかる日数は80日程度だという。最終的には、100万人規模の人間が火星に移り、この惑星で自立した生活が営まれることを期待している。

・火星旅行のイメージを動画と写真で

講演に先立って公開された、4分半の動画も話題を呼んでいる。今後どのように人を火星に送るか、ということを表現した魅惑的な映像で、SpaceXの見据える惑星間輸送システムの一端が示されている。

YouTubeで公開後、わずか一週間で再生回数は300万回超。公式のFlickrアカウントでも多くの美しい画像が公開されている。こちらも必見だ!

 

 

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP