ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、韓国でGalaxy Note 7の別機種との交換・返金を実施、新たに基盤の欠陥疑惑も浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 10 月 11 日、交換済み Galaxy Note 7 においても発火事故が発生していることを受け、韓国で Galaxy Note 7 の別機種への交換や返金を実施すると発表しました。これは、国家技術標準院(KATS)より販売中止、交換の停止、使用停止の勧告に基づき実施されることで、現地で 10 月 13 日から 12 月 31 日までの間、現地のキャリアを通じて販売された Galaxy Note 7 と別の機種の交換または返金が行われます。交換対象の機種は公表されていませんが、Galaxy S7 edge しか見合う機種はありません。それでも差額が生じるので、Samsung は交換を希望した場合には 3 万ウォン相当のクーポンを提供します。Galaxy Note 7 の再販の目処は付いておらず、交換品でも発火する現象も解明されていませんが、韓国メディア Noews Tomato は、Samsung と取引のある部品メーカー関係者からの話として、新たに PCB(プリント回路基板)に欠陥があるとの疑惑を伝えています。Source : SamsungNews Tomato

■関連記事
Qualcomm、QC3.0よりも75%高速に充電できる「Quick Charge 4.0」を10月17日に発表か?
肥後銀行、公式Androidアプリをリリース
pules、バックグラウンドで実行できるメトロノームアプリ「Background Metronome」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP