ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【PC自作初挑戦女子が全録システムMiyouTVをつくる】第五回 自作PCを組むためにパーツを揃えてみよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
161109_0743

こんにちは。ガジェット通信の古街(ふるまち)です。全録システムMiyouTVをPC上で動かすべく、がんばっています。

MiyouTV
http://miyou.tv/

今回は自作でパソコンを組むにあたり実際にパーツを選んでいく回です。

パーツの選び方は

1,PCケース
2,CPU
3,マザーボード
4,メモリ

で選びます。

1,PCケース
PCケースは第三回で勉強した通り、ATX型とMicroATX型の2種類あります。

違いは拡張性の有無だけで、今回は用途が決まっていてあんまり拡張性は必要なさそうです。小さい方が組み立てやすそうなので、MicroATX型にします。

2,CPU
CPUは第一回で、「Corei5で十分」と聞いたので、まずCorei5で選んでいきます。

ただ、ここでもっと難しい内容が出てきました。

Intel CPU Core i5-6500 3.2GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド
Corei51の後にたくさん何かが書いてあります…。

・「-6500」
ここの部分は型番で、数字が大きいほど性能が優れているようです。
・「3.2GHz」
ここの部分はクロック数と言い、処理速度を示すようです。こちらも型番と同じで、数が大きいほど性能が優れているようです。
・「6Mキャッシュ」
ここの部分はデータを一時的に保存しておく場所の事を指し、数が大きいほど性能が優れているようです。
・「4コア/4スレッド」
ここの部分は
コア数→処理する所
スレッド→一連の命令が順番に処理されていく流れ
になります。その為、コア数・スレッド数共に多いほど、高性能になります。

今回、CPUを選ぶにあたり、Corei5であれば他はすごくいい性能までは必要ないようです。
その為、こちらを選びました。
Core i5 4460BOX 4コア3.2GHz

161109_0862

3,マザーボード
今回、Linuxで使用するという事もあり合う物が私の知識だとわからなかったので、パソコンパーツを販売しているお店に聞きに行くことにしました。
その結果、こちらのパーツが比較的相性がいいとの事で、こちらにすることにしました。
http://www.asrock.com/mb/Intel/H97M%20Pro4/index.jp.asp

スペックは
・第 5 世代 Intel® Core™ i7/i5/i3/Pentium®/Celeron® プロセッサーに対応 (ソケット 1150)
・新第 4 世代、および、第 4 世代 Intel® Xeon®/Core™ i7/i5/i3/Pentium®/Celeron® プロセッサーに対応 (ソケット 1150)
・デュアルチャンネル DDR3/DDR3L 1600 対応
・1 PCIe 3.0 x16, 1 PCIe 2.0 x16, 2 PCI
・グラフィックス出力オプション: D-Sub, DVI-D, HDMI
・トリプルモニターに対応
・6 SATA3, 6 USB 3.0 (前面に 2 個、背面に 4 個), 6 USB 2.0 (前面に 4 個、背面に 2 個)
・1 プリンタポートヘッダー, 1 COM ポート, 1 Thunderbolt™ AIC コネクタ

になります。
・メモリに関して
デュアルチャンネル DDR3/DDR3L 1600 対応
との事なので、DDR3という型番から選べばきちんと使えるようです。

・ポートに関して
第四回で、
今回、必要な数が、
USB端子
・マウス 1個
・キーボード 1個
・チューナ用 2個
・予備 1個
計7個
とHDMIが1つあるので、USBの予備を置いておけばポートに関しては問題ない事になります。

4,メモリ

上記のマザーボードを選んだところで、DDR3/DDR3L 1600 対応とわかりました。
こちらの型番でメモリを探せば大丈夫そうです。
メモリの容量は2.5Gあれば大丈夫とのことですが、少し余裕を持って4Gにすることにしました。
第四回で4Gのを1枚使うより、2Gのを2つ使ったほうがといいと分かったので、こちらで探します。
結果、メモリもお店で探したところ

容量→​8GB set
DIMM構成→​4GB x2
DRAM (構成)→​2Gb(256*8)
CL-tRCD-tRP→​11-11-11
動作電圧 →​1.5V
製品型番(*部に枝番付加)→​BBU4GX2D3161-282R/B*

こちらがお値段とともに丁度良かったので、こちらにしました。

他に必要なパーツは
・電源
・ハードディスク
・SSD
・キーボード
・マウス
・ディスプレイ

になります。
上から順に選んでいきましょう。
・電源
今回はケースがMicroATX型なので、こちらに合うものを選びます。
https://www.links.co.jp/item/cx450m/

・ハードディスク
こちらは、特に型番などを気にしなくても大丈夫なようなので、お値段と容量でこちらにしました。http://www.seagate.com/jp/ja/consumer/upgrade/desktop-hdd/
ST2000DM001(ドライブのみ、暗号化無し、2TB)

・SSD
http://www.itgm.co.jp/product/ssd750evo/spec.html
こちらの250GBの物にしました。

・キーボード
・マウス
こちらは、お店で安く売っていた
http://www.scythe.co.jp/input-device/scy-2in1.html
この黒にしました。

・ディスプレイ
こちらは会社にあるものをお借りしました。

これで、パソコンを組めるであろうPCパーツが揃いました。
次回は実際にお店に伺って店員さんから説明をしてもらいつつ、購入した様子をお届けします。

161109_0796
古街の記事一覧をみる ▶
古街

記者:

普段は生放送の制作をしています。 ヴィジュアル系バンドを追っかけて半生、ライブのためなら東西南北果ては海外へでも、どこでも行きます! 地方の美味しい食べ物とお酒、夜行バスで寄る夜中のサービスエリア、新幹線乗り場や空港などの人が行き来するところが好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/oldxtown

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。