ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、交換済みGalaxy Note 7の発火問題を受けて生産を一時的に停止したと伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が海外で発生した交換済みの Galaxy Note 7 で発生した発火事故を受けて、Galaxy Note 7 の生産自体を一時的に停止したと聯合ニュースが 10 日に伝えました。これは、Samsung が公式に発表したことではなく、Samsung のパートナー企業の関係者が明らかにしたことです。ソースの一人は、グローバル市場向けデバイスの生産拠点となるベトナム工場も含まれていることを明らかにしました。Galaxy Note 7 はリコールの発表後、19 日に韓国で、21 日からは米国など他の国で交換品の受け渡しが開始され、10 月 1 日から韓国を皮切りに販売が再開されています。ところが、交換品でも交換前の Galaxy Note 7 と現象の発火事故が発生したとして、米国の大手キャリア AT&T と T-Mobile は販売と交換の一時的な停止を発表しました。生産停止は交換品においても何らかの問題があると判断されたためと見られるので、リコール騒動は今後もしばらく続くと予想されます。Source : 聯合ニュース

■関連記事
Androidに別れを告げてiPhoneに乗り換えるときに役立つデータ移行アプリ「Move to iOS」の使い方
Honor 6Xか? デュアルカメラを搭載したHuawei BLN-TL10が中国で認証を取得
ドロイド君が金閣寺に降臨、Googleは何かの発表を予告か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP