ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンオタクが推す「絶対に食べるべき」パンは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「MEET UP」。10月7日のオンエアでは、“パンを愛しすぎる男”こと、「パンラボ」主宰の池田浩明さんをお招きしました。

池田さんは東京近郊200軒のパン屋、そして日本全国の“パンの聖地”を取材しながら日本中のパンを食べまくり、パンについて書きまくる、パンオタク。パンに関する書籍も『日本全国パンの聖地を旅する パン欲』『パンの雑誌』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』『人生で一度は食べたいサンドイッチ』など多数執筆されています。

そもそも「パンラボ」は、ネットや本などのメディアで発信するための“パンの研究所”という体(てい)だそうで、研究といってもパンを作るわけではなく、「ただ食べるというか…そういう快楽の方に寄った研究をしております」と池田さん。しかしただ食べ歩くだけというわけでもなく、並べて“比較テイスティング”をしたり、「切り方によっても味が変わる」ということで、パンの切り方を研究したりしているのだとか。

そんな池田さんが取材するパン屋さんの基準は「好き」ということしかないそうで、「パン食べてめちゃめちゃ感動しちゃうんで。『感動しました! 取材させてください!』ってことなんですけど」とのこと。

これに対し渡部は「“感動”って感情は、経験と共に薄れていったりしないものですか?」と投げかけますが、「全くしないですね」と池田さんは即答。さらに「常に感動ですね。また、いっぱい食べることによって生まれてくる感動もあるんで。『いろいろ食べてきたけど、今度はこっちから来たか!』みたいな」と、続ける池田さん。

これを聞き渡部は「僕も食べ歩きやってるんですが…ちょっと似てますね。僕も感動薄れませんから。薄れるどころか、どんどん繊細な味に気付き出すというか。回ってくと回ってくだけ、いろんなことに気付けるようになるんですよね!」と池田さんに同調。

すると池田さんも「世界もどんどん移動してる気がして。10年前のおいしいものと、今のおいしいものは違うと思うんですよね。それがまた面白いというか」と、食通同士は通じ合うのか、お互いに納得し合いながら自分の意見を展開していました。

そして、池田さんがオススメする「絶対に食べるべきパン」をスタジオにお持ちいただきました。今年、虎ノ門に新しくできた、パン職人と料理人がタッグ組んでいるという「Blanc(ブラン)」というお店のパン「イワシオイルサーディンと山北みかん」。池田さんが「衝撃を受けた」というこちらのパンですが、食べた渡部も大絶賛!「今度、お店行ってみたいと思います」とコメント。なんとも“パン欲”をかきたてられるオンエアでした…。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分―20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP