ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチ「Pebble」の後継モデル、1万3000円台でプレオーダー受付開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチの先駆け、そしてクラウドファンディングサイトKickstarterで大成功を収めた商品として世界に名を馳せた「Pebble」。

その後継モデル「Pebble 2」のプレオーダーがこのほど始まった。129.99ドル(約1万3500円)とスマートウォッチにしてはリーズナブルな価格を維持しつつも、心拍モニター機能などを新たに搭載している。

・HealthKitとシンクも

スクリーンに電子ペーパーを採用し、連続使用時間を約7日間としているのはオリジナルモデルと一緒。

「2」の目玉は心拍モニター機能だ。装着すると心拍をモニターし、歩数やランニング距離などエクササイズデータと一緒に記録・管理できる。

データはGoogle FitやApple HealthKitとシンクさせることも可能となっている。

・水深30メートルまで防水!

もう一つの特徴は、水深30メートルまでの防水機能が加わったことだ。水泳や海水浴時でも手首から外すことなくそのまま楽しめる。

加えて、新たにマイクも搭載したので、音声入力でメッセージを送ったり、音声メモをとったりすることができるのも便利だろう。

多機能なスマートウォッチはさまざまなメーカーから発売されているが、いずれも電池の消耗が早いのがネック。その点、Pebble 2はモノクロ表示でタッチスクリーンでもない代わりに、その分電池寿命が長い。

しかもプレオーダー価格は129.99ドルとお手ごろ。実用的なスマートウォッチがほしいと考えている人は検討する価値がありそうだ。

Pebble

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP