ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【#ミニファミコン】発売決定!30~40代のファミコン世代に聞いた!好きなファミコンソフトランキング!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


9月30日、任天堂は手のひらサイズのファミコン型端末に、懐かしのゲーム30タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(5980円/税別)を、11月10日に発売すると発表した。
収録されているソフトは、「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」「スーパーマリオブラザーズ」「パックマン」「エキサイトバイク」「バルーンファイト」「アイスクライマー」「イー・アル・カンフー」「ギャラガ」「ゼルダの伝説」など、往年の30タイトルで、カセット交換なしに楽しめる。
そこで、30代~40代のファミコン世代328人に、「あなたが好きだったファミコンのソフトは?」というアンケートを取ってみた。結果は、ご覧の通り・・・
順位タイトル得票数1位スーパーマリオブラザーズ782位ドラゴンクエスト333位マリオブラザーズ294位ドンキーコング235位ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・106位テトリス87位アイスクライマー77位パックマン79位ゼビウス510位スペランカー/ツインビー/ボンバーマン4(n=328)
1位は「スーパーマリオブラザーズ」、2位は「ドラゴンクエスト」、3位は「マリオブラザーズ」という結果になった。
1位の「スーパーマリオブラザーズ」に対する意見は、こちら!

「自分だけじゃなく、当時の同級生や母までもこのゲームには夢中になっていたし、私自身、今でもファミコンと言ったら、まず最初にスーパーマリオが思い出されます。BGMの音楽とか登場するキャラクターまでもが秀逸で、本当に素晴らしい作品だと思います。」(31歳/男性/アルバイト)
「キャラクターが好きだった。コマーシャルもはっきり覚えています。ちょうどファミコン時代の人間なので、クリスマスプレゼントに親と買いに行ったら、最後の1本で買うことが出来ました。そこからいろいろなゲームにはまりましたが、スーパーマリオに出会ったときは感動して、隠れて徹夜でやってました。右に進みながら変身して武器が使えるようになったり、ジャンプしたり、隠しコースが分かった時はまた感動でした。」(38歳/女性/会社員)
「定番だけどやっぱり好き。そんなにテクニックがなくても誰がやってもできるという単純さもあると思います。時々無性に遊びたくなるようなゲームです。」(31歳/女性/その他)

2位の「ドラゴンクエスト」に対する意見は、こちら!

「経験値を上げるのは大変だったけど、アイテムを手に入れたり、呪文を唱えたり、敵と対戦したり、町の人に話を聞いたり・・・、RPGのおもしろさを初めて体験した思い出の作品。」(44歳/女性/専業主婦)
「パソコンソフトでは多々RPGがあったが、ファミコンでは画期的だった。ベースはウルティマなのだろうけど、日本人にウケる要素が満載で面白かった。今となっては復活の呪文がなつかしい。」(43歳/男性/自営業)
「初めて徹夜したゲーム。」(43歳/男性/会社員)

3位の「マリオブラザーズ」に対する意見は、こちら!

「初めて購入したファミコン本体で、初めて購入したソフトだから。」(49歳/男性/自営業)
「スーパーマリオも面白いがマリオの元祖?が、マリオブラザーズ。2人同時プレーもできるし、年齢性別関係なしで楽しめる。」(39歳/男性/会社員)
「敵を倒すより、仲間の足を引っ張って、倒してもらうって闘いが燃えていた。」(34歳/男性/その他)

少数意見としては、「コナミワイワイワールド」(兄と一緒に沢山プレーした思い出があるから。アクションが好きだし、いろんなキャラやがいて楽しいから。変身できたりするのが楽しかった。コナミコマンドを打ち込むのが楽しかった。/32歳/女性/専業主婦)、「迷宮組曲」(シャボン玉のモチーフと音楽が印象的だった。/35歳/女性/無職)、「けっきょく南極大冒険」(スケーターズ・ワルツにのって南極の氷の上を進んでいくのが楽しかった。/39歳/女性/無職)、という意見もあった。
みなさんは、どのファミコンソフトが好きでしたか?

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】ポスト・ベッキーは、この女性タレントだ!
【どっちのミカタ?】「キングオブコント2016」で優勝したライスは売れる?7割が○○と回答!
ファイナルファンタジーのファイナルって?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP