ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タグキャスト、Androidアプリを利用して販売の行動を分析できるシステム「TMA 2.0」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タグキャストは 10 月 7 日、Android アプリを利用して販売の行動を分析できるシステム「TMA 2.0」を提供開始しました。TMA 2.0 は、Google Play ストアで配信されている専用アプリ「TMA 行動記録アプリ」をインストールした Android と、店内などに配置するビーコンを連携させて、販売員の行動を記録し、分析するための業務用システムです。一般的な販売店のほか、工場や倉庫、警備、清掃員などの幅広い利用が想定されています。記録されたデータはクラウドに保存され、WEB を介して行動分析を行うことが可能です。このほか無料の SDK も公開されるため、例えば来店客のスマートフォンと連動させて来店ポイントやクーポンの自動配布など、多目的利用も可能となっています。TMA 2.0 は初期費用が 50,000 円 + 税で、別途ビーコン 1 個ごとに月額 500 円 + 税が掛かります。ただしビーコンの代金には月額の利用料も含まれています。「TMA 行動記録アプリ」(Google Play ストア)Source : タグキャスト

■関連記事
「充電方法の最適化」機能が海外向けXperia Z5シリーズの32.2.A.0.305ファームウェアで追加
シャープ、角の丸い液晶を搭載したスマートフォンのコンセプト機を開発
ミクシィの家族間写真共有アプリ「家族アルバム みてね」にフォトブック作成機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP