ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Foxconn、2017年Q1にシャープを通じて国内でスマートフォンを販売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾の Foxconn Electronics(鴻海)が 2017 年 Q1 中にも子会社のシャープを通じて国内でエントリー ~ ミッドレンジクラスのスマートフォンの販売を行うと、台湾メディアの DigiTimes が伝えました。同サイトが伝えたのは上記のことだけで、具体的な話は出ておらず、AQUOS ブランドとSharp ブランドのどちらで出だすのかも不明とのことです。シャープは鴻海による買収の後、台湾で AQUOS ブランドの Android スマートフォン「AQUOS P1(最新 ZETA の海外版)」「AQUOS M1(オリジナル仕様)」、そして、9 月には Sharp ブランドの「Z2(FS8002)」を発売しました。台湾では、AQUOS と Sharp の 2 ブランド展開なので、国内投入の際でも使用ブランドの話が浮上しているわけです。Sharp Z2 は Freetel の KIWAMI 2 と同様に、10 コア CPU や 4GB RAM などを搭載していますが、価格は日本円で 3 万弱と大きな価格差があります。おそらく、Sharp ブランドの機種は鴻海が設計・開発し、Sharp の名前と箱で出しており、AQUOS P1 / M1 はシャープが主導して開発した機種と分けているのだと思います。このことから、鴻海が国内でスマートフォンを発売する場合、Sharp ブランドで出てくる可能性が高いと言えます。もしかすると、Z2 が投入されるかもしれません。Source : DigiTimes

■関連記事
Google WiFiは給電にUSB Type-Cを採用
Galaxy Note 7、米サウスウエスト航空の発煙事故の調査によってはリコール第二弾が実施される可能性が浮上
Galaxy S8ではスマートフォンのデザインを根本から刷新? ホームボタン無しでフルスクリーンな端末に変わるとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。