ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「KKBOX」がAndroid Autoに対応、クロスフェードやライブラリ内検索機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽ストリーミングサービス「KKBOX」の Android アプリが v6.0.12 にアップデートされ、Android Auto に対応し、いくつかの機能追加が行われました。Android Auto 対応により、対応車種の車載オーディオ経由で KKBOX の音源を再生できるようになり、車載ディスプレイのタッチパネルでアプリを操作することができます。また、途切れのない楽曲の切り換わりを提供する「クロスフェード」機能が追加され、アプリの設定画面で 0 ~ 12 秒までの間で重なる部分を調整できます。0 秒はクロスフェード無効です。さらに、検索機能に「ライブラリ」タブが追加され、保存した楽曲やキャッシュ保存している楽曲なども検索できるようになりました。「KKBOX」(Google Play)

■関連記事
Android版YouTubeに再生画面の「ダウンロード」ボタンからアプリページに誘導する新しいアプリ広告が表示される
メディア工房、人気ゲームアプリ「デッドアイズ」をauスマートパスで配信開始
てるる、新感覚脳トレアプリ「記憶戦隊オボエルンジャー」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP