ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、今後のPixelデバイスに自社開発のプロセッサを搭載する方針

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日、自社開発の新型スマートフォン「Pixel」を発表した Google は、自社で開発したプロセッサを今後の Pixel に搭載しようと計画していることが Bloomberg で伝えられました。発表された Pixel / Pixel XL では、ハードウェアとソフトウェアは Google が主導して開発されましたが、プロセッサは Qualcomm の最新プロセッサ「Snapdragon 821」をそのまま採用しています。Android のエンジニアリング部門のトップを務める David Burke は今回の新しい Pixel スマートフォンと今後のハードウェア事業の方針について Bloomberg に語った中で、「カスタムシリコン」を開発していることを認め、今後の Pixel 等の自社デバイスに搭載する意向を明らかにしたとされています。「シリコン」とされているので、CPU なのか GPU なのか、その両方、あるいは別のチップになるのかは分かっていませんが、Apple 化しているように見えます。Source : Bloomberg

■関連記事
Google、Material Designガイドラインの日本語版を公開
Galaxy J7(2017)か? Samsung SM-J727がインドで発見される
Xperia XZ / X Compactの米国モデルはファームウェアの書き替えで指紋認証が機能する

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP