体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】鰻が食べれないならカツ丼を食べればいいじゃない @『さんほれ』

sunhore027_r

それとなく秋葉原の食を制覇するガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、なんだかんだで半年くらいは続いている感じで御座います。

筆者(YELLOW)の昔の体型と今を考えると、それ以上の月日が流れたような気がして、色々と感慨深いモノがありますね……。

というわけで、そろそろネタ切れしても良さそうな予感ですが、あえて言おう!

「秋葉原なら、あと三年は闘える!」

……と。まあ、食レポは金も掛かるし時間も掛かるし面倒だし体重増えるし健康に気を遣うし大変なのですが、唯一の利点としては“ネタ切れは無い!”みたいなのはあります。

むしろ、利点はソレしかない可能性……あると思います。

基本は河豚と鰻な和食処『さんほれ』

sunhore003_r

というわけで、秋葉原に通って半年くらいの筆者です。なので、この『さんほれ』の存在は知っていたのですが、何気に“お安くはない予感”みたいなのがあったので、今まではスルーしていました。

sunhore002_r

だが、しかし!

ランチのメニューを見てみたら、筆者レベルの財布でもどうにかこうにかイケる気がしたので入店してみた次第です。

『かつ丼』(750円)を所望する!

sunhore005_r

もっとライトなメニューもあるのですが、やはり秋葉原制覇ではパワーメニューを推しているので、ココは一番ハイカロリーな『かつ丼』(750円)しか選択肢はありません。

sunhore020_r

店内は定食屋さんと言うよりは小料理屋さん的なハイソ感もありますが、特に変なプレッシャーはなく落ち着いて食事をする事が出来ます。

sunhore004_r

ボードのメニューも魚を中心に美味しそうな料理が揃っていて、特に鰻は値段も含めて“本物”な予感ですね。

とは言え、鰻は原価が高いのでこのくらいでも当たり前な気もしますし、刺身などもチェーン店よりは若干高い気もしますが、使う魚もコダワッテいると思うので正当な値段かと思われます。

『かつ丼』を食す!

sunhore021_r

整いました。

まさに和食を得意とする『さんほれ』ならではの『かつ丼』ではないでしょうか?

ちなみにカツ丼は蕎麦屋のカツ丼、ついで豚カツ屋さんのカツ丼と筆者の中でランク付けされていますが、今回はあえて“鰻屋”のタレに期待してみました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。