ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビッグローブ、BIGLOBE SIMにNECのトラフィック制御システムを導入して平日夕方や夜間のスループットを最大2倍に改善

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビッグローブは 10 月 5 日、MVNO サービス「BIGLOBE SIM」に世界で最初に NEC が提供している通信事業者向けのトラフィック制御システム「Traffic Management Solution(TMS)」を導入し、回線が混雑する時間帯の通信速度が最大で 2 倍に改善したと発表しました。TMS はネットワークの状況を監視し、トラフィックの特性に合わせて一度に送信するパケット量を自動的に制御する「D-TCP」機能を搭載したサーバソフトで、仮想化システムやアプライアンス化に対応するなど、スケーラビリティに優れています。TCP / IP が基本のインターネットの世界では、WEB ページやアプリのデータを運ぶパケットのロスが発生すると再送を試みます。回線が混雑するとパケットロスが頻発し、それに伴うパケットの再送により、通信量が飛躍的に増えて通信速度が低下します。TMS のメイン機能となる D-TCP では、サーバから送信するパケット量を制御することでパケットロスとパケットの再送を低下させます。その結果、ネットワークの輻輳を抑制することでき、回線が混雑する時間帯でも高いスループットを維持することが可能になるというわけです。ビッグローブの場合、平日夕方や夜間のスループットが最大 2 倍向上しているそうです。Source : ビッグローブNEC

■関連記事
Google、ハードウェアに特化したTwitterアカウント「Made By Google」を開設
Motorola、Android 7.0 Nougatにアップデートする15機種を発表
「Xperiaホーム」の新ベータ 10.2.A.1.12がリリース、Google Nowパネルが復活

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。