体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】一番リーズナブルな十割蕎麦ならココしかないだろJK @『つつみ』

tutumi-niku024_r

ガジェット通信編集部のある秋葉原は、何気に蕎麦の美味しい店が多い事を知った筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「蕎麦って難しいんじゃね?」

ぶっちゃけラーメンとかカツ丼とかの方が味の違いが分かりやすいし表現しやすいしパーツ多いから写真も豊富に取れるし絵に迫力あるし見た目美味しそうだし派手で記事化しやすいです。

逆に、なんですかね?

この蕎麦と言う食べ物の地味さ加減……。

絵面も地味なら味も地味、全体的に変化も乏しく蕎麦や蕎麦汁の差なんか違うと言えば違うけれども、微妙な違いだったりするパターンも少なくありません。

正直、蕎麦と饂飩は記事に向いてません!(爆)

十割蕎麦では最安値更新!マニアックな『つつみ』

tutumi-niku018_r

というわけで、蕎麦記事は避けていた筆者ですが、ここ最近は蕎麦が美味しくて堪らない衝動で御座います。

ひとえにラーメンやカツ丼の連食はヘヴィーってのもありますが、あえて言おう!

「サッパリした食べ物が素敵に思えてくるお年頃である!」

と……。認めたくはないのですが、そろそろ現実と向き合う年齢になったと言う事でしょうか?

tutumi-niku020_r

そんな筆者が最近“蕎麦”を食べ歩いていて気になったのは、美味しい蕎麦は美味しいけど安くはない、むしろラーメンやカツ丼と比べた場合の“割高感”みたいな錯覚が実は錯覚じゃなくて現実なんじゃないか説が浮上しました。

ラーメンと違いチャーシューがある訳でもなく、カツ丼のように豚カツが乗ってる訳でもない、クラスの中でも目立たない“地味子”みたいな印象の蕎麦に、果たして千円以上払う価値があるのか疑問に思えます。

「くろ喜のラーメン高けぇな、オイ!」

と思っていた頃の昔の自分が懐かしく思えるレベルと言えば、分かりやすいでしょうか?

tutumi-niku000_r

しかもラーメンで言えば“チャーシュー麺”に相当する“天麩羅蕎麦”とか店によっては二千円超えですからね!

「おめー、一体何様だよ? あ? 元々は庶民の食べ物だった蕎麦の分際で、イタリア料理店のランチより高いとか何様だよ? あ?」

みたいな怒りが込み上げて来る時もあったりなかったりします。

tutumi-niku023_r

そんな人にナイスな店が、こちらの『つつみ』なのです。

『肉せいろ』を所望する!

tutumi-niku003_r
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会