ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マルチシナリオ型フリゲRPG『WIZMAZE』公式サイトが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第11回ふりーむ!ゲームコンテスト最優秀賞を受賞したマルチシナリオ型フリーゲームRPG『WIZMAZE(ウィズメイズ)』の公式サイトがオープンされた。サイトにはゲームに関する各種情報と、追加シナリオ二本を含めた「WIZMAZE(ウィズメイズ)+版」を制作中であることが記載されている。


『WIZMAZE』公式サイト

公式サイトでは、ゲームの物語やキャラクター、システム説明に加え、攻略情報やアートワークなども見ることができる。現在製作中であるWIZMAZE+版についても記載されており、現在のバージョンに比べて下記の内容追加が予定されている。

・追加シナリオ2本(1~2時間ほど)
 「帝都の守り人編」「ガンジールの英雄編」
・全モンスターイラストの差し替え​
・人物・用語事典への大幅な追加
・一部を除く各片手武器に固有スキルを追加
・その他全体的な調整


公式サイト内のアートワーク
 

なお、制作者ブログによると、追加シナリオのあらすじは下記を予定しているのとのこと。

「帝都の守り人編」
“本質(アトマ)の共振”により真理に近きものたちが互いに引き寄せられるある嵐の夜。
友人カリスの突然の訪問により筆頭魔道士オブシディアは彼に押し切られる形で真理界と通じることに。
過去と未来が交差する不安定な領域をさまよう中で次第に彼は、帝国の、人間界の、
ひいては己とカリスの避けられぬ運命の対峙へと追い込まれていく……。

「ガンジールの英雄編」
深い雪に閉ざされたアルガンの都『北のガンジール』を舞台に故郷と帝国、両方に複雑な思いを抱く
見習い魔道士アルマヴィタ、彼の姉であり最強の戦士・指導者たるナーラウェン、そして帝国生まれの
アルガンでガンジールの風習に無関心なコールニクスの全くに思想の異なる三者が
“ダァトの摂理”に縛られる同胞と根強い部族間の確執を巡り対立する。
制作者ブログより引用)

 
本作は先日、もぐらゲームスでもレビューを行っている。全3つのルートを持つマルチシナリオで、1周クリアまでは2.5時間~5時間。難易度選択や戦闘・謎解きのスキップなど、初級者向けの配慮が見られ、ダークファンタジーの雰囲気も魅力なフリゲRPGとなっている。興味がある方は遊んでみてはいかがだろうか。

ダークファンタジーRPG『WIZMAZE(ウィズメイズ)』。迷宮に立ちふさがる“虚無”と“光”の試練に挑め!
http://www.moguragames.com/entry/wizmaze/


 

関連記事:

限られた資源で戦うフリーゲームRPG『ローズマリーダスト』。仲間召喚&魔法生成を駆使するパズル的戦闘
スチームパンク風フリゲRPG『Pinocchio』。モノの声が聞こえる少年と、ロボットの女の子の物語。
フリーゲームRPG『LiEat』。STEAMでの配信が決定!「嘘」を食べるドラゴンの少女の物語を描く短編連作

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP