ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戸田恵梨香×SCANDAL・HARUNA豪華対談!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


FMラジオ局・J-WAVEの開局記念日だった10月1日、特別番組「TUNE INTO THE FUTURE “1988”」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)が放送されました。J-WAVEが開局したのは1988年…ということで、J-WAVEと同じ1988年生まれである28歳、様々なジャンルで活躍する方々に1対1のトークセッションをしていただきました!

ここでは、女優・戸田恵梨香さんと、バンド・SCANDALのボーカルHARUNAさんの組み合わせをご紹介します。

実は私生活でも仲が良く、友達になってから6年ほど経つという2人。共通の知人のお見送りの会で出会ったそうですが、そのときのHARUNAさんの様子を戸田さんが「席が隣で『しゃべんない子だなあ』と思ってた(笑)。なんか…すごく楽しくなさそう、みたいな」と思い出すと、HARUNAさんは爆笑。

HARUNAさんは、もともと行く予定ではなかったその会に急遽誘われて行ったため「ここに居ていいのかな…」と恐縮していたそうですが、戸田さんを前にして「戸田恵梨香だ…!!」と思っていたそうです(笑)。

「改めて番組でトークするのも変な感じというか、緊張する」と言う2人ですが、今の仕事に出会ったきっかけから、お互いに話していただきました。

まず戸田さんは、「NG集(の特番)とかあるじゃん。それを、みんな楽しそうに仕事している姿を見て…小学校5年生くらいだったんだけど、人生楽しんでなかったんだよね(笑)。で、『うわ! 楽しそう!』と思って、そこから興味が湧いた」と、女優を目指した意外なきっかけを明かしてくれました。

そうして16歳にデビューした戸田さん。そこから「運が良くトントン拍子にいろいろやらせてもらってた」そうで、「嫌になったらすぐに帰ろう」という気持ちもあったのだとか。女優としてやっていこうとは思っていながらも、「向いてないな…」と思うこともあったそうですが、マネージャーさんが厳しく、怒られたことに対して「負けてたまるか!」と、やる気になったそうで「それがすごい良かったと思う。甘やかされていたら今の自分はいなかった」と10代の自分を振り返る戸田さんでした。

そして、HARUNAさんが音楽の道を目指そうと思ったきっかけを聞いてみると「幼稚園くらいからすごいテレビっ子だった」そうで、音楽番組が好きで、安室奈美恵さんが特に好きだったとのこと。「安室さんがテレビに出るときは必ずチェックして、『私もこんな素敵な人になりたいな』と思ったのが最初のきっかけ」と明かしてくれました。

そして話は2人が今ハマっているという80年代の音楽の話へ。それらの音楽は“世代を超えた音楽”ということから、“自らの音楽作り”についての考えをHARUNAさんが語り始めました。

「耳について離れないというか…そういう音楽作りってすごく理想だなって思う。流行りの音だけじゃなくて、今、“新しいと思って作ったもの”が、ずーっとそういう感覚で聴いてもらえる曲を作っていきたいなと思う」(HARUNAさん)

そういう意識をするかと聞かれ、「意識はするけど…届かないとわからないじゃん。『めっちゃいい、この曲!』と思って作った曲でも、届くまでは若干の不安はある」と続けるHARUNAさん。これを聞いた戸田さんは、自身が考える“女優”と“アーティスト”の違いを明かしました。

「私の仕事っていうのは、ある物からそれを具現化する仕事。『ない物(ゼロ)から自分で提供しましょう』ってなると…多分すぐできないし、怖いだろうなと思う。だからアーティストの仕事というのは…いろんなリスクを抱えてやってるんだろうなと思うから、すごいな、と思う」(戸田さん)と、アーティストへのリスペクトを表現。

そして「曲作りもそうだし、恵梨香の仕事も、今撮ってるものが何年後もずっと残ってる作品であったらいいな、と思って作ってると思うけど」と告げるHARUNAさんに、「うん、思う思う」と答える戸田さん。相手の仕事へリスペクトの気持ちを持ちつつも、自分の仕事に誇りを持っている28歳の2人でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:特別番組「TUNE INTO THE FUTURE“1988”」
放送日時:10月1日21時ー23時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/special/1988/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP