ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今さら聞けない「ピカソ」と「ダリ」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今さら聞けない「ピカソ」と「ダリ」の魅力
J-WAVE月曜ー木曜9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて世の中のトレンドを探っていますが、9月29日のオンエアでは、アートに関するアンケート調査を実施したところ、以下のような結果が出ました!

Q. あなたの好きな天才画家はどっち!?

・パブロ・ピカソ …62%
・サルバドール・ダリ …38%

まさにスペインが生んだ二大巨匠ですが、票数が伸びたのはピカソでした。ピカソを選んだ人の理由は「亡くなるまでエネルギッシュだったところを尊敬している」「ピカソは年代ごとに違う作品があって、その時代ごとに作者の気持ちが見えるから」と、彼の人生そのものを賞賛している意見が多くみられました。

一方、ダリは「独創的な個性が好き」「唯一無二の気迫」「非日常の不思議を感じる」など、その刺激的な作風を好む理由が多かったです。

そこで、ピカソとダリの特徴や魅力について、J-WAVEの番組「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」のナビゲーターで、東京大学で美術史を専攻していたグローバーさんに伺いました。

今回のアンケート結果についてグローバーさんは「ピカソは強いですね。20世紀が生んだ最大の天才というのは、21世紀になっても変わらないという感じがします」と感想を漏らしていました。実はグローバーさんもピカソ派。「ダリもピカソもいろいろな展開を作りましたが、ピカソの迫力や、明るかったり、力強かったりという点にグッときます」とのことでした。

また、それぞれの特徴や魅力については…

■ピカソの特徴と魅力

・良いアイデアが生まれるとそれにこだわりがちだが、ピカソは受け入れられるかどうかはわからなくても、次々に新しい形を作っていく。その潔さや真っ直ぐな力にハッとさせられる

・作品の依頼があっても、興味が他に移ってしまうと平気で約束を破るため、周囲の人は大変だったと言われているが、自分の思いつくままに作品を生み出していく点に憧れるところがある

「ピカソみたいに、自由に明るく年を重ねていけたらいいですよね」というグローバーさんに岡田も大きく頷いていました。

■ダリの特徴と魅力

・ダリはピカソの大ファン。ピカソの好きな部分の要素を抽出して新しいものを作っていった

・絵のサイズは小さいが、空間に吸い込まれるような広がりがすごい。ピカソは平面の世界を異次元にしていったことに対し、ダリは現代のCGのようにその世界がまるであるかのように描いてる

「ダリは頭に描いたビジョンを、僕らが山や川を見たりするのと同じように見てほしい…と描いているので、絵を鑑賞しながら絵の中に入っていって、自分がいる世界を忘れると良いと思います」(グローバーさん)

…と、わかりやすく解説してくれました。ピカソとダリ、実際の作品を前にその魅力に触れてみたいですね!

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。