ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上春樹の短篇集『女のいない男たち』が文庫化&電子書籍化 過去の短篇集の電子書籍版も発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014年に出版された村上春樹氏の短篇集『女のいない男たち』(文藝春秋刊)が文庫化および電子書籍化され、10月7日に発売される。

『女のいない男たち』は、2005年に発表された『東京奇譚集』以来9年ぶりの短編集として話題になり、2014年4月18日の発売日には発行部数が30万部に達した。

本書には、表題作のほか、「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」の全6篇が収められており、村上作品にしては珍しく「まえがき」が付されていることも、ファンにとっては見逃せないポイントのひとつだ。

また、『女のいない男たち』の電子書籍化に合わせ、『パン屋再襲撃』『TVピープル』『レキシントンの幽霊』(いずれも文藝春秋刊)の短篇集3作も、同日に電子書籍版が発売される。

『パン屋再襲撃』は長篇小説『ねじまき鳥クロニクル』の原形となった「ねじまき鳥と火曜日の女たち」など、6篇の傑作が収録されている。

電子書籍で村上ワールドを堪能してみてはいかがだろうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

『小説 君の名は。』発売3ヶ月で“大台”100万部突破!

海外で注目される「村上春樹以外」の日本人作家

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。