ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんてカワイイの!? ハロウィーンパーティーを盛り上げるかぼちゃレシピ集

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

もうあと1ヶ月もすればハロウィーンがやってきます。

そのパーティーに並ぶ食べ物といったら、やっぱりお菓子やかぼちゃを使った料理!

出版社のオレンジページが運営する「オレンジページくらし予報」がハロウィーンの過ごし方の予定についてアンケートを実施したところ、71.9%が「ハロウィーンらしい料理やお菓子を食べる」と回答したといい、その内容について聞いてみると、「かぼちゃを使った料理」が73.0%、「かぼちゃを使ったお菓子」が49.6%と答えたそうです。(*1)

同社から出版されている『おトク素材でCooking♪ vol.23 かぼちゃはマンネリ知らず!』は、かぼちゃ料理のレシピ集。

かぼちゃは「マンネリ知らず」という言葉通り、さまざまな料理に変身することが可能でバリエーション豊か。本書の中にはハロウィーンにピッタリのレシピもあります。


北アメリカの伝統的なデザートであるパンプキンパイ。ハロウィーンの定番です。ジャック・オー・ランタンの顔をデザイン。


思わず「かわいい!」と言ってしまいそうな「おばけモンブラン」。パクっと一口で食べたいですね。


なんとも美味しそうな「かぼちゃのハンバーグ カレークリームソース」。子どもが喜びそうな一品です。

ハロウィーンの時期にはまだ早い? いえいえ、ディズニーランドとディズニシーでは9月9日からハロウィーンイベントが開始されています。

10月31日の本番に向けて、かぼちゃ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

*1…複数回答可

【関連記事】

元記事はこちら

宇多田ヒカル 野田洋次郎との対談で自身の歌詞世界を明かす

白石麻衣が最新ファッション誌でイメチェン キュートなネコ風メイクが秋のトレンドに?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP