ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【小松の親分さん】小松政夫 36年ぶりのシングルでGentle Forest Jazz Bandとコラボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小松の親分さんこと、俳優の小松政夫が10月26日にリリースするシングル「親父の名字で生きてます」内で、ジェントル久保田率いる話題のビッグバンド、GENTLE FOREST JAZZ BANDと共演している事がわかった。

両者のコラボレーションは、5月13日に東京・青山CAYで行われたGentle Forest Jazz Bandに、小松がゲスト出演したのがきっかけ。

その後、意気投合し、今回の新曲「いつも心にシャボン玉」のレコーディングに至った。タイトルからもわかるように、新曲は昭和30~40年代に席巻した伝説の音楽バラエティ番組「シャボン玉ホリデー」へのオマージュ。作曲はGentle Forest Jazz Bandのリーダー・指揮・トロンボーン奏者でもあるジェントル久保田が手がけ、スリリングなビッグバンド・サウンドに、コーラス隊のハーモニーと小松政夫のリラックスした歌声が絶妙にマッチ。昭和レトロ感とモダン・ジャズが融合した2016年度型のシャボン玉ホリデー・サウンドに仕上がった。

小松政夫のシングルは芸能生活50周年を記念して発表されるもので、シングルのリリースは1980年11月に発売した「タコフン音頭」以来、36年ぶり。CDが一般に普及したのは80年代半ばなので、小松にとってCDのリリースはこれが初めて。表題曲の他に、小松の師匠でもある植木等がかつて園まりとデュエットした曲を、師匠を引継ぎ園まりと共に50年ぶりに再録音した「あんたなんか(1966年発表)」も収録される。

小松政夫
「親父の名字で生きてます」
2016年10月26日(水)
〈収録曲〉
01.親父の名字で生きてます (作詞:相田 毅/作曲:合田道人/編曲:川村英二)
02.あんたなんか/小松政夫 with 園まり(作詞:安井かずみ/作曲:宮川 泰/編曲:岩崎元是
03.いつも心にシャボン玉/Gentle Forest Jazz Band with Masao Komatsu
(作詞:相田 毅/作曲:ジェントル久保田/編曲:多田尋潔)
04~06.同上各カラオケ

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP