ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そろそろ本格的な秋♪ 芸術に触れてみてはいかが?東京近郊で今週から始まるアート展3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の長雨が続いてアウトドアでのお出かけにはちょっと残念だけれど、そんなときこそ本物のアートに触れて、自身の感性をみがいてみてはいかが?東京近郊で今週から始まる美術展を3つ紹介しよう。どれもあなたの心に響いてくるはず。

1.【代官山フォトフェア】 9月30日(金)~10月2日(日) @代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ、アネックスA棟
「The Photobook」展を軸に、日本の写真史を総括的、多角的に学ぶことのできるコンテンツを展開。1960年代から最新のアートフォトまでの動向を語り尽くすトークプログラムやレクチャー、実際に写真を“つくる”過程を通して、大人から子どもまで、芸術写真の魅力を体験することのできるワークショップが満載だ。国内外から招聘したキュレーター、評論家達が「世界の写真界の今」を語るトークセッションは必見。
各日11:00 ~ 21:00(但し最終日は17:00まで)、入場料は一般1,500円、学生1,000円。
http://fapa.jp/fair-2016/

 

2.【BODY/PLAY/POLITICS】 10月1日(土)~12月14日(水) @横浜美術館
現代美術のグループ展。人間の身体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々をモチーフに、それぞれの角度から作品化していくインカ・ショニバレ、アピチャッポン・ウィーラセタクンら国内外6人の注目のアーティストたちの作品からは、詩的に、時にユーモア溢れる表現で身体を通じて立ち現れる歴史と向き合い、未来へ向けて新たな意味を見出していこうとする姿が見えてくる。
開催時間は、10時~18時(入館は17時30分まで)、10月28日(金)は20時30分まで(入館は20時まで)。木曜休館(ただし11月3日[木・祝]は無料開館)、11月4日(金)休館。一般 1,500円、大学・高校生1,000円、中学生600円、小学生以下無料、65歳以上 1,400円。(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
上の画像は、インカ・ショニバレ MBE《さようなら、過ぎ去った日々よ》2011 年、シングル・チャンネル・ビデオ Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York。
http://yokohama.art.museum/special/2016/bodyplaypolitics/

 

3.【森山佐紀個展「山を見る」】 9月27日(火)~10月12日(水) @T-Art Gallery(寺田倉庫 本社ビル2F)
「TERRADA ART AWARD 2015」ミヤケマイ賞を受賞した新進気鋭の芸術家・森山佐紀(モリヤマ サキ)の個展。何度も塗り重ねられ、その表面を丁寧に研ぎだされた「漆」による作品の奥深さが体感できる。10月8日(土)16時から行われる批評家・竹内万里子氏を迎えたトークイベントも注目の1つ。
開催時間は、月~水11:00~18:00, 木~日11:00~19:00 (休館日:10月3日)、入場無料。
上の画像は、untitled  木製パネル・漆・貝/75.2×90.0㎝/2015
Facebookページ:http://www.facebook.com/terrada.art.award/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP