体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東日本大震災から5年半。女川町の“本格復興期”を支える「若者力」

東日本大震災から5年半。女川町の「本格復興期」を支える「若者力」

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県牡鹿郡女川町。しかし、震災後すぐに若者たちが中心になり公民連携のまちづくりが急ピッチで進んだ。震災後、女川町に移住してまちづくりのキーパーソンとして活動するNPO法人アスヘノキボウ代表理事の小松洋介さんに話を聞いた。

20年後を担う若者たちを中心に公民連携のまちづくりを推進

2011年、女川町は、東日本大震災で住宅の7割が流失し、人口の8.3%に当たる827名が尊い命を失い、宮城県で最も大きな被害を受けた。けれども、震災から8日目、水道も電気も通らないなかで産業界を中心とする民間の有志がプレハブに集まり、まちづくりの準備会を開いた。その約1カ月後には、商工会、水産業関係者らを中心に、女川町復興連絡協議会を立ち上げた。

「女川町復興連絡協議会を立ち上げたときの会長が還暦で。『復興に約10年、まちづくりの成果が分かるのに、さらに10年かかる。だから、20年後に責任がとれる30代、40代にまちづくりをまかせて、還暦以上は全員顧問になって、若い人たちをサポートしたい』と託されました。若者中心のまちづくりと言われていますが、正確に言うと上の世代の人たちが若者を信頼してチャンスを与えてくれました」と、小松さん。【写真1】小松洋介さん。2013年4月に設立したNPO法人アスヘノキボウの代表理事、2014年4月から女川町商工会職員(写真提供:小松洋介さん)

【写真1】小松洋介さん。2013年4月に設立したNPO法人アスヘノキボウの代表理事、2014年4月から女川町商工会職員(写真提供:小松洋介さん)

そして、まちづくりを託された30代、40代の若い世代を中心にまちづくりのアイデアを出し、先輩たちに相談しながら、80ページにもわたる復興提言書を作成し、2012年(平成24年)1月30日に女川町と女川町議会に提出した。震災後に就任した須田町長も当時30代。話し合いながら一緒にまちをつくっていこうという話になった。

同年4月には、一般の住民も広くまちづくりに対する意見を反映できるようにと「女川町まちづくりワーキンググループ」を設置するかたわら、多彩な「まち活」が行われた。行政と町の議会、産業界、住民、みんながひとつになって一人ひとりが主体的にまちと関わり、まちをつくる原動力となった。町議会議長は、それを『四輪駆動で動くまち』と呼んでいるという。

何故、それほど早く民間の人たちがひとつになり、女川町復興連絡協議会を立ち上げ、若者がまとまったのか。「女川町は人口が約1万人(震災前)で、住宅や建物が中心部に密集していることもあり、お互いが顔見知りで、一緒に何かを始めやすい環境がありました。また、震災前から商工会青年部、水産加工研究会など、若者たちが活動する団体がたくさんありました。大きかったのは、震災前の2010年、女川の人口減少に危機感を感じて商工会を中心に『女川まちづくり塾』を発足、女川の将来について話し合っていたことです。平時の取り組みがあったからこそ、早いスピードでつながることができたのでは」(小松さん、以下同)

公民連携がカタチになったテナント型商店街が誕生

【写真2】JR女川駅は新しいシンボル的存在。1階は改札やお土産屋など、2階には震災前に駅の隣にあった「女川温泉ゆぽっぽ」が再開、3階は展望フロアがある(画像提供/女川町)

【写真2】JR女川駅は新しいシンボル的存在。1階は改札やお土産屋など、2階には震災前に駅の隣にあった「女川温泉ゆぽっぽ」が再開、3階は展望フロアがある(画像提供/女川町)

震災から4年が過ぎた2015年3月、JR石巻線が全線開通しJR「女川」駅が開業、駅舎の2階には「女川温泉ゆぽっぽ」が装いも新たに誕生した。女川駅は津波対策として、震災前より約150m内陸に移動し、約7mの高さにかさ上げした場所に再建された。そして、駅前の中心市街地を「にぎわい拠点」と位置づけ町有地にし、商業施設や公共施設を集約させた。駅開業と同時期にNPO法人アスヘノキボウが運営する創業・起業の支援拠点「女川フューチャーセンター Camass(カマス)」が誕生。同年12月には、駅前のテナント型商業施設「シーパルピア女川」、隣接地に町民が集い交流する「女川町まちなか交流館」が続々とオープンした。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。