ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最強の旅行アプリ!?オフラインでも使用可能な「Google Trips」が万能すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前から開発が噂されていた、Googleのトラベルアプリ「Google Trips」が19日、ついに公開された。

iOSおよびAndoroidに対応し、国内でも利用可能(日本時間20日現在、日本語表示は未対応)。Gmailアカウントで接続すると、予約の履歴をもとに近い将来および過去の旅行日程が表示される。

・もうオフライン環境でも困らない

スマートフォンの登場以来、海外・国内問わず旅行が随分と便利となったが、情報がいくつものアプリに散らばっている、オフラインでは利用できない、など改善が待たれる点も残されていた。

Google Tripsは飛行機やホテルの予約を整理できるほか、200以上の都市の目的地のガイドを提供。ユーザーの関心やGoogleの利用履歴をもとに、パーソナライズしたオススメスポットなども提案してくれるという。

もちろんオフラインで使用可能。出発前にダウンロードしておけば、ネット環境が悪い場所で四苦八苦する心配も不要だ。

・「Things to Do」のレコメンドがすごい

準備期間に、あるいは旅先で利用機会が多そうなのが、ユーザーに合わせてレコメンドする「Things to Do」という機能だ。


これは、「トップスポット」「地元の人お気に入り」「セルフィー・スポット」など、様々なジャンルごとに人気スポットを紹介してくれるもの。

ショッピングでは「高級/ヴィンテージ」、アートでは「先進的/印象派」とサブジャンルも押さえているので、より自分の関心に近い目的地を見つけられそうだ(いずれもパリを例に)。

・リアルタイムでの情報更新も

使用デバイスが現地でもアクティブな場合、Google Tripsはリアルタイムで情報を更新。

日時に基づいた目的地のオープン情報のほか、天候によって左右する情報もすぐに反映してくれるようだ。

旅行者のあらゆるニーズを(時には先回りして)押さえてくれるGoogle Trips。次の旅行で早速試してみてはどうだろうか。

Google Trips(iOS & Andoroid)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP