体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ごはんの甘味が引き立つと実証された『お~いお茶』 お茶漬けにしてもやっぱりウマいのか!?

IMG_8388_f

古くから日本人に愛されてきたごはんとお茶の相性。その組み合わせは我々の身に染みついた当たり前の習慣ですが、伊藤園はその相性の根拠をサイエンスで実証。味覚センサーによる研究の結果、『お~いお茶』がごはんの甘味を引き立てるという調査結果を発表しました(AISSY調べ)。

という事は、ごはんとお茶を一緒に食べる“お茶漬け”を『お~いお茶』で作ったら最高においしいのではないか!? そんな事を思った筆者は、ごはんと『お~いお茶』の相性を検証しつつ、“お~いお茶漬け”のレシピを考案してみました!

ごはん×『お~いお茶』

IMG_8000_f

お茶漬けの前に、まずは「ごはんの甘味が引き立つ」感覚を味わってみましょう。

IMG_8016_f2

ごはんをひと口食べ、その後に『お~いお茶』を飲んでみます。

IMG_8020_f2

ん! なるほど。ごはん単体で食べた時と比べ、『お~いお茶』の苦味と対比されて、ごはんの甘味が確かに引き立つような感じがします。加えて、『お~いお茶』の爽やかな香ばしさで“米クサさ”が消えて、ごはんの旨みだけが口の中に残りますね。

itoen_1

調査によると、「合わせて食べたときにおいしく感じるには、相反する2つの味覚のコントラストが重要」とのこと。つまり、ごはんの甘味を引き立てるには、お茶の苦味が相性バッチリなのです。

itoen_2

とはいえ、ただ苦ければOKということではなく、「ごはんの甘味とほぼ同一スコアのお茶の苦味と旨味が重なり、ベストなバランスに」することが重要。その点に置いて、程よい苦味を追及した『お~いお茶』は、これ以上ない相性の良さを発揮してくれるそうです。これはお茶漬けにも期待が高まる!

お~いお茶漬けレシピ(1)

IMG_8321_f

それでは、いよいよお茶漬けを作ってみましょう。1品目は、シンプルにごま昆布の佃煮をトッピング。これなら夜中にお腹が空いた時でも手軽にサッと食べることできると思います。

IMG_8118_f
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。