ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「コイキングかと思ったらおじいさんだった」 ポケモントレーナーが人命救助の静岡新聞記事が話題に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月16日、静岡新聞に「ポケモン最中に高齢者救助 20代男性5人、藤枝・蓮華寺池で」という記事が掲載され、とある『Twitter』ユーザーが記事をアップし拡散される。静岡新聞のウェブサイトにも
池で見つけたのは「おじいさん」 ポケモントレーナーが人命救助
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/282252.html[リンク]
という同じ内容の記事が掲載された。
プレイ中の事故などが何かと報じられる『ポケモンGO』、今回はプレイヤーのグループが池に落ちた70代の男性を救助し、感謝状が送られたというもの。
記事中には

5人のうちの一人は「歩いていたら池の方から声が聞こえ、動けないようだったので警察と消防を呼んだ」と振り返る。ほかの一人は「(画面を見てポケモンに出てくる)コイキングかと思ったらおじいさんだった」と当時の様子を話した。

と、なんとも虚構新聞チックなコメントが。
ネット上では
「じじいギャラドスになれるのか」
「爺さん水面で跳ねてたのかな?」
「助ける前にじいさんに何個ボール投げたんだ?」
「あ! おじいちゃんがボールから逃げ出した!」
「いくらなんでもコイキングとは間違えないだろw きっとゴルダックと間違えたんだろ」
「嘘こけw 後から思いついただけだろ」
「助かったから言えるジョークw」

といった書き込みなどがあり、かなり話題となっている模様である。

※画像は『ポケモンGO』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP