ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、問題を修正したGalaxy Note 7ではバッテリーアイコンの色を緑に変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は Galaxy Note 7 の発火問題を受けて、バッテリー不良の無い改修済みの端末ではバッテリーアイコンの色を従来の白から緑に変えて出荷すると ZDNet が伝えました。これは、Samsung 関係者が明らかにしたことで、理由は、消費者がバッテリー不良の影響を受ける可能性のある古い端末と、改修済みの新しい端末を容易に見分けられるようにするためです。おそらく、改修済みの Galaxy Note 7 にはバッテリーアイコンの色を変えた新ファームウェアを搭載して出荷するものと見られます。Samsung はバッテリーアイコンのほかにも、パッケージ上のラベル付近に安全の「S」ステッカーを貼って出荷するという対策も講じています。Source : ZDNet

■関連記事
Jide、Windows用のAndroidエミュレーター「Remix OS Player」をリリース
Pixelスマートフォンのホームボタンアイコンはこんな感じ?
「dアニメストア」のAndroid TVアプリとFire TVアプリがリリース、Androidアプリはバックグラウンド再生に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP