ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フル充電まで3時間! 三輪で動く1人乗りの電気自動車がお手頃価格で登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現状燃費の面で問題がある電気自動車。1人乗りであれば、そういった部分もクリアできるのかもしれない。

このほどカナダの企業Electra Meccanicaが開発したのはその名もSOLO。新発売のこの車であれば問題を解決できるかもしれない。

・1人乗りのSOLO

車ながら三輪のフォルムにして、運転席は一つだけ。隣に相棒を乗せようにも乗せられない仕様だ。

冗談はさておき、SOLOはエコフレンドリーな大衆向けの車として設計されており、これから人気を博しそう。

まず、1万5500ドル(約160万円)という実にお手頃な価格。加えて性能もなかなかだ。100マイル(約161km)を一度のチャージで走りきることができる。

時速60マイル(約97km)までわずか8秒で到達する。そして、220ボルトのソケットを差し込めば、フル充電までわずか3時間だ。

・四輪にも引けをとらない機能

特筆すべきはまだある。三輪ではあるものの、搭載されている機能は四輪のものにも引けをとらない。

すなわち、Bluetoothステレオ、後方確認バックアップカメラ、キーレスエントリー、パワーウィンドー等々。加えて、15インチのアルミニウム合金ホイールにディスクブレーキまで装備されている!

予約とデポジット入金はウェブサイトから。
手元に届くのは2017年になる見込みだ。

This Canadian 1-seater electric car is the lonely man’s Tesla

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP