ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ライドシェアが普及すれば運賃が格安に!?タクシー相乗りサービス「WithCab」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月16日、国内に新たなライドシェアサービス「WithCab」がローンチする。他社との違いは、タクシーの相乗りに特化している点。アプリを介し、自分がいる現在地付近のユーザーとマッチングして、タクシーに同乗するシステムを実現。終電を逃した時や深夜帯でも、コストを抑えて帰宅できる仕組みを作り上げた。

nottecoやHitch me、Uber(地区限定)などの登場で、日本でも少しずつ名を知られ始めているライドシェア。しかし、利用者数は依然として少なく、浸透までにまだまだ時間がかかりそうな気配だ。そんな状況の中で、スタートした本サービス。これからどのような形で、展開していくのだろうか。

ウィズキャブ代表取締役、マックス・ライ氏に話を聞いた。

・アプリを通じて同じ方向へ向かう人同士をマッチング

Q1:このようなサービスを提供するに至ったきっかけについて、お聞かせください。

昨年の秋に、私の乗っていた終電が途中で止まり、帰宅難民になったしまった経験が、このサービスを作ったきっかけです。

その日は1時間以上タクシーを待ち、高額なタクシー代を払った揚げ句、帰宅時間は深夜の3時を過ぎていました。そこで、同じ方向へ向かう人とマッチングできる便利なプラットフォームがあれば、一緒にタクシーをシェアして時間とお金を節約できると思い、このアプリ「WithCab」を作ったのです。

Q2:契約しているタクシー会社は現在、何社あるのでしょうか。

本アプリは、ライドシェアするユーザーをサポートするアプリですが、タクシーはユーザーに拾ってもらう設計になっております。従って、現時点では配車機能は実装せず、タクシー会社さまとも提携しておりません。

ただし、今後は配車機能やクレジットカードキャッシュレス精算機能の導入も検討しておりますので、タクシー会社さまと連携して、ユーザーにより便利なサービスを、提供していくつもりです。

・エリア・利用時間帯とも拡大予定

Q3:海外と違って、日本ではライドシェアサービスがなかなか根付かない状況です。サービス浸透のためにどうすべきか、提供側としての考えをお聞かせください。

自家用車を使ったライドシェアが根付かない背景には、日本の法律の問題と、シェアリングサービス自体に対する慣れの問題が存在していると思われます。(中略)

一方、弊社のサービスでは、タクシーの利用を推奨しております。タクシーを利用したライドシェアは法律に抵触しないので、ユーザーは安心安全に「WithCab」を使ってライドシェアすることができます。

また、シェアリングサービス自体への慣れの問題に関しても、Airbnbといったサービスが徐々に浸透しはじめているので、(中略)日本でもライドシェアサービスが普及する環境は整ってきていると考えております。「WithCab」は、少ないステップで簡単にライドシェアするサービスですので、日本でも手軽に利用できると思います。

Q4:現在は限られたエリアと時間での展開ですが、全国拡大の予定はあるのでしょうか。今後の展開と併せて、お聞かせください。

将来的には日本全国のみならず、海外も含めたサービスの提供地域と、利用できる時間帯を拡大していきたいと考えています。

直近では、港区と渋谷区に限定していますが、首都圏を中心に利用可能エリアを広げていく予定です。

相乗り相手の実名を確認できるなど、安全対策もきちんと施されている本サービス。あとはライ氏の言う通り、“慣れ”の問題なのかもしれない。正式リリースまで、あと少し。まずは限定エリアでの展開を見守りたい。

WithCab

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP