ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリムゾンオーメンが激シブ!! XBOX公認の『Gears of War』 コラボヘッドセット『HyperX CloudX Revolver Gears of War』デビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
gow_top

『kingston』のゲーミングブランドである『HyperX』より、Xbox®の公認ライセンス取得製品『HyperX CloudX Revolver Gears of War』の取り扱いを開始しました。この製品は10月に最新作『Gears of War 4』の発売が予定されているGearsシリーズとコラボレーションしたモデルで、その外観はGearsシリーズの象徴であるクリムゾン・オーメンをあしらった鈍く輝く真紅のボディを持ちます。この製品は、最新の家庭用ゲーム機向けに調整や仕様変更を施したもので、9月16日(金)より取り扱いを開始し、店頭想定価格は税込17,980円(税込)となります。

『HyperX CloudX Revolver Gears of War』の製品特長

『HyperX CloudX Revolver Gears of War』は、Windows及びXboxでより上質なゲーム体験ができるようMicrosoft社との協力の下、チューニングを施したモデルです。
この真紅のカラーリングはシリーズの象徴であるクリムゾン・オーメンを中心に象ったもので、『Xbox One』の『Gears of War 4』 限定モデル『Xbox One S Gears of War 4 Limited Edition 2TB Bundle』 とそのコントローラー『Xbox One Wireless Controller – Gears of War 4 Crimson Omen Limited Edition』に完全にマッチするものになっております。

現行世代の家庭用ゲーム機向けの仕様として、『HyperX CloudX Revolver Gears of War』は、コントローラーへの接続時に手元でマイクミュートや音量調整が行えるように、本体側のケーブル上にインラインコントローラーを搭載しています。その他の仕様はHyperX Cloud Revolverに準拠し、サスペンションデザインとHyperX独自の低反発クッションによるストレスのない装着感、広大な空間を再現するオーディオ性能、取り外し可能なノイズキャンセリングマイクによって、一段上のボイスチャットコミュニケーション及びゲームへの没入や音楽鑑賞が可能です。また、PCへの接続3.5mmステレオ/マイクプラグの延長ケーブルが付属します。

screenshot-6

HyperX CloudX Revolverは、遠くからでも対象の位置を正確に聞き取ることができる、広大なサウンドステージを備えています。次世代型指向性50mmドライバにより低音を増幅することで、クリアでメリハリのあるサウンドを生み出します。FPSなどの広いフィールドを持つゲームのプレイにおいて理想的な音作りを行っており、コンサートホールのような音の広がりを再現するため、音楽を楽しむことにも適しています。
HyperXが誇る高品質なレザーレット素材の低反発クッションは、長時間のゲームセッションでも究極の快適性を実現しています。また、マイクブームはTPOに合わせて簡単に取り外すことができます。フレキシブルなデザインで、マイクの位置も調節可能です。

商品概要

型番 HX-HSCRXGW- RD
ドライバ直径:ネオジム磁石、ダイナミック50mm径
タイプ:サーカムオーラル、密閉型
入力電力:定格 30mW、最大 500mW
ケーブル長 ヘッドセット(1.3m)、PC用延長ケーブル(2m)
接続方式 ヘッドセット-3.5mmプラグ(4極)、PC用延長ケーブル-3.5mmステレオおよびマイクプラグ
重量 364g (本体のみ)、380g (マイクを含む)
保証 2年保証
発売日 2016年9月16日(金)

製品特設ページ http://www.milestone-net.co.jp/product/hyperx/gaming_device/hyperx_cloudx_revolver.html (リンク)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: すこやか山田) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。