ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国ATL社がGalaxy Note 7のメインのバッテリーサプライヤーに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Note 7 の発火問題を受けて、中国のバッテリーサプライヤー ATL 社が Samsung から Galaxy Note 7 で使用するバッテリーパックの追加発注を受けたとしてメインのサプライヤーになったと Reuters が伝えました。アナリストによる見積もり報告だと、Galaxy Note 7 の 7 割には Samsung SDI 製、残りの 3 割には ATL 製のバッテリーが使用されています。発火問題の原因となったのはこのうち Samsung SDI 製だと言われています。Samsung の公式発表によると、Galaxy Note 7 の中国モデルは発火問題の対象外なので、問題の無い ATL 製バッテリーを全体で使用するように計画を変更したものと見られます。また、Bloomberg の記事によると、Samsung は今週、韓国の技術標準機関に対して本件に関する予備調査結果を概説し、その中で問題はバッテリー内で極同士が接触することで内部が高温になり、その結果発火が起きたと説明したそうです。Source : ReutersBloomberg

■関連記事
Qualcomm、Snapdragon向けデュアルカメラモジュール「Clear Sight」を発表
サンワサプライ、スマートフォンやタブレットを収納できるウエストベルトケース「PDA-TABWB」を発売
オンキヨー、Androidを搭載したハイレゾオーディオプレイヤー「DP-X1A」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。