ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座交通デザイン社、案内サイン・標識・看板用の新しいバーコード「XPANDコードQ」の提供を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

銀座交通デザイン社は 9 月 12 日、案内サイン・標識・看板用のバーコード「「XPAND コード」に、新たに QR コードを追加新規格「XPAND コード Q」を発表し提供を開始しました。「XPAND コード」スマートフォンで専用サイト(https://xpand.codes/)にアクセスするか、XPAND コード読み取りアプリ「pic2shop」をインストールしたスマートフォンで読み取ることができる、交通・鉄道向けの多言語化標識案内用コードです。あくまでも標識案内用としての規格となっていて、QR コードのように標識のデザインを損ねないように従来のバーコードと似たデザインを採用しています。新たに提供が開始された「XPAND コード Q」は、バーコードの最後に小さな QR コードも印字されていて、従来の QR コードリーダーでも読み取ることができるようにした新規格です。「XPAND コード Q」は 2020 年の東京オリンピックに向けた鉄道・交通各社の新標識採用に向けた取り組みとなっています。Source : 銀座交通デザイン社

■関連記事
NTTドコモ、「Galaxy Note edge SC-01G」に9月のセキュリティパッチを提供開始
ノジマオンラインが「dケータイ払いプラス」に対応
NTTドコモ、大容量データプラン「ウルトラパック」を9月14日より提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。