ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古き良き癒し時間! 一人客も居心地が良い熱帯魚BARを発見【大阪・中崎町】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪の街・中崎町。

ここは古き良き昭和の時代を感じさせる場所として、近年若い人たちの話題になっているスポットです。

その大阪市中崎町の「天五中崎通商店街」にあるのが「近藤熱帯魚店」。

「天五中崎通商店街」は、近くにある天神橋筋商店街の賑わいとは少し違い、落ち着いた雰囲気の商店街で、静かながらも隠れた名店がたくさん並んでいます。

「近藤熱帯魚店」もそのひとつで、少しレトロなドアをあけると、たくさんの水槽が出迎えてくれます。

このお店は熱帯魚が好きなオーナーが、熱帯魚に興味を持ってほしいという思いで、脱サラして4年半前にオープンしたお店。

▲レトロな外観

店内には、小型の水槽が30槽ほどあり、その中で数々の熱帯魚が気持ち良さそうに泳いでいます。

平日は18時からの営業で、「一軒目というよりは、飲んで食べたあとの二軒目から利用してもらえる場所としてくつろいでもらいたい」とオーナーの近藤さん。

近年、熱帯魚に興味がある人が増えてはいるけれど、専門のお店は初めから「熱帯魚を飼おう」と心に決めていく人がほとんど。

「熱帯魚ってどんな感じ?」と、飼うかどうかよりも、少しでも興味があったらまずは気軽に足を運んでくれたらいいと思っているそうです。

▲たくさん並んだ水槽

熱帯魚のことを専門店で聞くと、飼わなくてはならない雰囲気になってしまうことも。

でも、ここならお酒を飲みながら気軽に質問ができる雰囲気だから安心です。

色々聞いて、少しでも熱帯魚に興味を持ってくれたらうれしいとオーナーの声。

ちなみに熱帯魚を含め、機材一式をこのお店で揃えることができ、はじめから全部揃えても、だいたい1万円程度とか。

しかも、オーナーが熱帯魚のことをいろいろ教えてくれるから、至れり尽くせりといった感じです。

このお店で扱っている熱帯魚は、とても小さくてカワイイサイズがほとんどです。

しかも、初心者にオススメしている「ネオンテトラ」は1匹100円と、とても手頃な金額で、購入できるのがうれしいですね。

「安くて丈夫!」というネオンテトラの寿命は2~3年だそうです。

シルバー色にキラキラ光る「ダイヤモンドテトラ」でも300円と、それほど高額ではないのですね。

それでも、「お手入れや、世話が大変なのでは?」と心配になりますが、「熱帯魚は、1週間ぐらいエサをやらなくても大丈夫なんです」と、旅行に行くこともできるし、少々面倒くさがりやな人でも世話ができるとのこと。

一人暮らしで、猫や犬などのペットを飼いたいけれど無理という人には、熱帯魚はオススメですね! 小さな部屋でも飼育が可能ということもあり、一人暮らしの人が密かに飼って、自室でいやしの空間を演出して楽しんでいるそうです。

▲店内はカウンターのみで10席

小さなお店だけど、夜になると、熱帯魚好きが集まる憩いの場所になります。

少し薄暗い店内で、優雅に泳ぐ熱帯魚を観察する幻想的な雰囲気は、誰もが時間を忘れていやされてしまいます。

「店内にたくさん水槽があるお店は少ないんです。小さな水族館のような気分で、お客さんに来ていただければ。静かに過ごせますよ」とオーナー。

来店する方は、男女半々で、年代は20代~40代が中心。1人で訪れるお客さんの中には、熱帯魚好きな人が噂を聞きつけて、遠方から足を運んだり、出張がてら訪れたりする人もいるそうです。

また、熱帯魚好きな人同士が意気投合して、「結婚したカップルもいるんですよ」と、素敵なエピソードも生まれています。

▲人気のカクテルモヒート

そんなロマンチックな雰囲気にピッタリなのが、オーナーオススメのカクテルの「モヒート」(800円)。

透き通るようなヒプノティックブルーのカクテルが、水槽とマッチして、幻想的な雰囲気に拍車をかけてくれます。

ほかにも、オリジナルのカクテルもあるので、雰囲気にあわせて注文してみるのもいいかも!

気持ちよさそうに泳ぐ熱帯魚。

そんな幻想的な非日常空間をたまには味わってみるのもいいですね。

日頃の疲れも忘れて、きっといやされることでしょう。

お店情報

近藤熱帯魚店

住所:大阪府大阪市北区黒崎町8-2

電話番号:06-6375-9677

営業時間:18:00~24:00 (LO 23:30)、土曜日・日曜日・祝日は 16:00~

定休日:年末年始のみ休業

ウェブサイト:http://www.kondou-tropical-fish.com/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:Jeana

三重県生まれ。ライター。編集プロダクションを経てフリーに転身。webを中心に活動中。食べることには目がなく大食漢。プリン、モンブランを見つけると食べずにはいられないが、一方でオーガニック、グルテンフリーにも興味津々。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

じわじわくる関西出汁の研究 〜「肉吸い」と「かやくごはん」をめぐって〜【料理解析・旅情編4】
【あたたかい寿司】関西の絶品料理!「蒸し寿司」を知っているか【料理解析・旅情編3】
あの「関西風玉子サンド」を自宅で再現してみた【料理解析・旅情編1】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP